マヌルネコはペットとして飼える?見れる動物園と肉球が可愛い画像





ロシアで農家を営む夫婦が、まだ産まれて間もない子猫を4匹発見しました。

子猫たちを保護して育てることにしたそうですが、成長するにつれ、ただの猫ではなかった事に気付いたそうです。

マヌルネコというそうですが、もふもふしている感じが可愛くて、ポケモンにいそうな見た目です!

猫好きにはたまらないですね~

触ってみたいし、飼いたい!と思った人もいるのではないでしょうか?

日本でも飼育されている動物園があるみたいで、マヌルネコについてまとめました。

 

マヌルネコ

 

マヌルとはモンゴル語で『小さいヤマネコ』の意味があります。

高地に住んでいるので、寒さに強いようにとたくさんの毛で覆われています。

見た目からしてもふもふそうですが、全く猫とは言えないような見た目ですね。(写真がそんな感じですが本当はもっと可愛いです)

ポケモンにいそうとの声もありました。

顔つきがどちらかと言うと、のような鋭い目つきですね。

猫の目つきも鋭いですが、猫が小悪魔的なイメージで、マヌルネコは猛獣のような、そんな印象があります。

世界最古の猫とも言われ、夜行性で単独で行動するので、飼育が難しく、動物園などで飼われているのは日本国内で11匹だけの希少価値が高いです!

日本国内で11匹となると、一般の家でペットとして飼うことは出来るのでしょうか?

残念ながら、マヌルネコは免疫力が低く、感染症による死亡率が高いので、ペットショップで販売はされていません

ということはあのもふもふには触れないということですね・・・

直接見るには、動物園にいくのみです!

どこの動物園で見れるの?





日本には11匹のみしかいないとのことですが、どこでマヌルネコを見れるのでしょうか?

・恩賜上野動物園(上野動物園)

・東山動物園(愛知県)

・神戸市立王子動物園(兵庫県)

・那須どうぶつ王国(栃木県)

・埼玉県こども動物自然公園

 

この5ヶ所でマヌルネコが見れますが、きっと動物園によって、見た目や性格の違う子が見れるのでしょう。

写真の写りによっては、普通の猫に見えたり、虎に見えたり、とにかく可愛いです!

実際に色々なマヌルネコの写真と、実際の猫や似ているかな?と思った虎とも比較してみました!

 

マヌルネコの可愛い画像

この威嚇していて、普通の猫では見れない表情が、虎に似ているかなと思いまいた。

やはり同じネコ科なだけあって、顔は似ていますよね。


 

しかし、マヌルネコは可愛い表情もしてくれます。

そして、肉球が何ともたまりません・・・!

こうしてみると、普通の猫のようですよね。

体の大きさや、しっぽが太い当たりが、トトロに出てくるネコバスにも見えてきました。

マヌルネコは、ペルシャ猫の祖先ではないかとも言われていたようですが、現在はこの説が間違いだったとされています。

確かに顔の平べったい感じが似ていますね。


ポケモンにいそうとの声もありましたが、私が猫でポケモンで思い浮かべたのがニャーです。

でもニャースは二足歩行だったなと思い、調べてみると、ニャースの進化系ペルシアンが四足歩行でした。

しかし、ニャースの顔のまま四足歩行になった感じで似ているとは思わなかったですね。

あくまでポケモンにいそうとの声でしたが、その気持ちは分からなくもないです。

もしかしたら、マヌルネコをイメージして作られたポケモンもいるかもしれないですしね。

 

まとめ

 

マヌルネコは、日本ではペットとして飼うことは出来ませんが、ロシアでは実際に野生のマヌルネコを子猫の時に保護して育てています。

滅多にない事例だと思いますが、羨ましいですね。

ですが、マヌルネコは肉食で病気もしやすいので、ペットとして飼うのは大変でしょうね。

動物園で可愛いねと見ているぐらいが一番いいのかもしれません。




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。