受験祈願は京都善峯寺のお守りが人気?阪神淡路大震災で落ちなかったバス





1995年1月17日、阪神淡路大震災が発生しました。

マグニチュード7.3で、震源が淡路島北部の明石海峡でしたが、被害範囲は広く、日本だけでなく世界中に衝撃を与えた大きな地震でした。

この震災を機に始まったのが、神戸ルミナリエで、鎮魂と追悼・街の復興を祈願して、冬の神戸の風物詩となっています。

 

各地の被害が大きかった中、ある観光バスが注目を浴びました。

そのバスが走っていた高速道路が震災で前方が崩れ落ち、ぎりぎり落ちない所で止まれたそうで、落ちないバスとして受験生に人気です。

更に、当時運転していたドライバーさんが持っていたという京都のお寺のお守りが受験祈願としても有名になりました!


・落ちないバス

当時の写真です。ここに写っているバスが犬のマークの帝産観光バスで、この時運転していたドライバーさんは、京都支店の福本良夫さんです。

震災があった1月17日早朝は、長野県からスキー客を乗せて、神戸に帰る途中でした。

地震発生時刻の午前5時46分、兵庫県西宮市の阪神高速を走行中、空が光ったそうです。

なんか光ったな、と声をかけると、すぐに激しい揺れがあり、必死にブレーキをかけたそうです。

このブレーキをかけるタイミングが0.1秒遅かったら、バスはこのようにギリギリの所で止まれなかったのではないかと言われています。

まさに、落ちそうで落ちないバス。

テレビ等で取り上げられてから、帝産観光バスのシンボル、犬のマークが縁起が良いと、修学旅行生は写真を撮って帰ります。

 

これは犬なの?チーターじゃなくて?と思われますが、モデルはグレイハウンドという足が速い犬です!

イギリスでは狩猟犬や、ドッグレースの花形として活躍していました!

 


・受験祈願に京都のお守り




落ちないバスで当時ドライバーとして運転していた福本さんが持っていたお守りが、落ちないお守りとして特に受験生に人気です!

それは、どこのお守りかというと、善峰寺(よしみねでら)という京都市西京区にあるお寺です!

善峯寺のお釈迦様は、五体安穏や腰痛神経痛など『当病悉除』霊験あらたかなお釈迦様として広く信仰され、腰痛神経痛お守りも人気です。

福本さんの奇跡にともない、『息災安穏』の新たな信仰が生まれ、入試合格や交通安全など【おちないお守り】として評判になりました。

 

なかなか京都まで行けない!という方は、郵送もあるそうで、お守りを送ってくれますよ。

・車で行く場合

・電車で行く場合

JRは向日町駅、阪急電車は東向日町駅で下車後、

阪急バス66番(善峯寺行き)30分、終点『善峯寺』下車、徒歩8分で、バス料金は片道350円です。

※阪急バス66系統

JR向日町~阪急東向日~向日市役所前~右京の里~灰方~小塩~善峯寺

冬の間(1/6~2月末)は小塩バス停までだそうです。

 


・当時のドライバー福本さん

2013年10月に定年退職をして、現在は龍谷大平安高校の硬式野球部専属のバス運転手となっています。

学校から、京都府内の練習場まで毎日のように送迎をしているそうで、体がダメになるまで仕事を続けたいと言っています。

 


修学旅行や、ツアーに参加した際、帝産観光バスに乗ることがあれば、是非縁起の良い犬のマークと一緒に写真を撮ってご縁を頂いてください!

受験祈願や、交通安全に、善峯寺のお守りもおすすめです!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー