長島三奈は滑舌が悪いから甲子園を卒業した?古賀ショウのものまね動画と現在





日曜もアメトーーク!大谷翔平スゴイぞ芸人に長島三奈さんが出演します!

長島三奈さんと言えば、読売ジャイアンツの終身名誉監督の長嶋茂雄の次女であり、スポーツキャスターとして知られています。

野球ファンにしてみれば、あの長嶋茂雄の娘さんと野球のことについて語れるなんて、すごく嬉しいことですよね!

そんな長島三奈さんは『熱闘甲子園』でメインキャスターを務めましたが2013年に降板しています。

甲子園卒業理由や、その後について調べてみました!


 

長島三奈

 

長島三奈

出身地:東京都
誕生日:1968年6月3日
出身校:日本大学

 

お兄さんがタレントの長嶋一茂、弟がレーシングドライバーの長島正興で、一茂さんとの間にお姉さんがいるので、4人兄妹です。

名前は、お父さんが背番号3だったのと、3番目の子ということで、三奈と名付けられました。

家族のうち、父・母・兄は『長嶋』とされていますが、三奈さんと弟は『長島』表記になっています。

1991年にテレビ朝日に入社、スポーツ局で記者として活躍していました!

やはり、お父さんが元プロ野球選手だと、影響されて野球やスポーツを好きになるのでしょうか?

今からスポーツのことを勉強します!というアナウンサーより、ある程度スポーツの知識があり、詳しい人・好きな人の話のほうが、聞きたい!!と思うので、スポーツ局になるのは確実に決まっていたのでしょうね。

 

熱闘甲子園の降板理由は?

 

テレビ朝日は2000年に一度退社をしましたが(熱闘甲子園も2000年だけ出演せず)、また契約社員として戻ってきています。

しかし2014年にテレビ朝日との契約が終了し、フリーアナウンサーになりました。

1998年から2003年までの15年間、熱闘甲子園のメインキャスターをしていましたが、卒業の理由として、滑舌が悪かったという噂がかなりあります。

実際はどうなのでしょうか?

調べてみると、滑舌が悪いからという理由は、単なる噂のようです。

なぜ滑舌が悪いことが話題になったのかというと、『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』で芸人の古賀シュウが、長島三奈さんの滑舌の悪さをモノマネしたからです。

もはや 長島三奈ちゃんじゃない!と言っているので、完全にネタですね。

おもしろいですがww

モノマネは、大抵大げさにするものなので(だからこそ面白いんですよね)、このモノマネが理由ということもないと思います。

当時は、お付き合いしていた人がいて、卒業の理由は結婚ではないかとも言われていましたが、実際のところ真実は分かりません。

 

現在は代表取締役社長?





フリーアナウンサーの傍ら、父・長嶋茂雄の個人事務所『株式会社オフィスエヌ』の代表取締役を務めています。

もともとは母である亜希子さんが社長でしたが、亡くなられた後は三奈さんがあとを継いでいます。

芸能人が個人事務所を持つことはよくありますが、特に女社長は、健介オフィスの社長・北斗晶さんや、株式会社タイタンの社長・大田光代(爆笑問題の太田光の妻)のように、珍しくないことです。

旦那さまが何も気にせず、目一杯仕事ができるように、という意味もあり、社長という名目ながら、陰ながら支えている役なのかなと思います。

三奈さんも、母が亡くなり、父・長嶋茂雄の看病もあり、自分が家族を支えないと!という想いが強そうですね。

だからこそ、一度会社を退職し、契約社員からフリーの道へと進み、更に熱闘甲子園も卒業したのかもしれません。

仕事の量を減らし、家族の時間を大切に、そんな想いもありながら、今働いているように思えます。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー