映画【22年目の告白】あらすじネタバレと感想!曾根崎が地図を手に入れたのはいつ?

今、話題になっている映画【22年目の告白-私が殺人犯です-】を観てきました!!

しばらくランキング1位になっていたので気になっていたのですが、かなり衝撃的な内容でしたね。

そして、色々と考えさせられました。

今回は、映画のあらすじネタバレと、私が疑問に思った点・考察等をまとめていきたいと思います!




22年目の告白あらすじ

かつて残酷な手口で行われた5件の連続殺人事件。

当時、事件を担当していたのは、伊藤英明が演じる牧村航

未解決のまま事件は時効を迎え、完璧に逃げ切ったはずの犯人ですが、22年後、とある形で表に出てきます。

それが、藤原竜也が演じる『曾根崎 雅人』です。

 

曾根崎雅人

最初は曾根崎の顔が見えない状態で記者会見のシーンから始まり、『私が殺人犯です』の本を読みながら過去を話していきます。

最後に、パッとライトが照らされ、曾根崎の顔が世の中に知られ、

その後、日本では『私が殺人犯です』の本が大人気。

 

被害者の娘である夏帆が演じる岸美晴は本屋さんで働いていましたが、仕事が手につかず上司に注意をされていました。

そんな時に会いに行った牧村に、八つ当たりをします。

 

一方、曾根崎は高級ホテルにて泊まっているようで、告白本を出版した会社『帝談社』の若手女子社員をマネージャーにしていました。

告白本は30万部売れたが、まだまだ露出が足りないと、テレビ局の取材等でもっと目立たせろと詰め寄ります。

 

夜のニュース番組『NEWS EYES』を担当する、仲村トオルが演じるジャーナリストの仙堂俊雄は、曾根崎の出版した告白本に反応し、番組で取り扱いたいと言う。

仙堂がまだ駆け出しだった頃、『東京連続絞殺事件』は何度も現場にも足を運び、被害者との会話を繰り返していました。その時の様子を全て記録し、この事件には思い入れがあるようです。

 

牧村は、被害者である、病院の院長・山縣明寛を訪ねていました。

するとそこへ、たくさんのマスコミ達と共に曾根崎がやってきた。病院の入口で、曾根崎は、山縣院長に土下座をして謝ります。

更に曾根崎は牧村に挑発し、病院内は大騒動となりました。

曾根崎は、用意されていた車に乗り、すぐにその場を離れます。

車内では、『NEWS EYES』の出演以来の電話が入る。

次に曾根崎が向かった先は、出版記念サイン会の会場でした。

その頃、橘組のヒットマンが曾根崎を狙うかもしれないとの噂を聞きつけ、牧村達も会場に向かいます。

 

会場ではたくさんの人達が列をつくっているなか、マスコミ達も押し寄せ、かなり賑わっていました。

するとそこへ、橘組のヒットマンが近づいてきて、曾根崎に向けて発泡します。

牧村は曾根崎をかばい、舞台裏へ逃しますが、会場は大混乱となりました。

舞台裏では、何故か牧村が曾根崎に怒鳴るシーンが・・・

するとそこへ、美晴がナイフを持ち、曾根崎に襲いかかりますが、牧村が止めに入りました。

なぜ牧村は曾根崎をかばうのか?美晴は納得いかないようでしたが、牧村は裏口からそっと美晴を逃します。

 

NEWS番組で新たな事実が?

その夜、NEWS EYESの生放送で、曾根崎が登場した。

ジャーナリストの仙堂は、曾根崎が書いた告白本を読み、たくさんの付箋を付けていました。

番組内では淡々と話が進み、インターネット上で牧村の妹のような人物が映った動画がアップされた話になります。

当時、事件を担当していた牧村には妹がいて、牧村の上司が亡くなって以来、行方が分からなくなっているという。

実は、第6の犯行が行われていたのではないか?

この告白本には、書かれていない内容がある、と仙堂は曾根崎に強く言います。



牧村の過去

番組を見ていた牧村は、当時のことを思い出します。

震災後、関西から東京にやってきた妹・里香は、当時、結婚を前提に付き合っていた拓巳と共に、牧村の家で一緒に住みます。

里香は、震災の時に祖父・祖母を助けらず、自分だけ幸せになってもよいのか、葛藤していました。

拓巳からのプロポーズを受けた時も、その思いがよぎりましたが、最終的には受け入れます。

 

その後、里香が失踪し、事件も時効になり、絶望的な気持ちだった拓巳は、牧村の目の前でビルの屋上から飛び降りてしまいました。

 

以前に動画投稿をした人物が、『NEWS EYES』に出演しても良いという連絡が入り、曾根崎と牧村が共に出演すれば・・・という条件を出してきます。

 

牧村は、上司に『退職願』を提出します。しかし、上司は、『時間稼ぎをしてやる』と、一旦退職願を保留にします。

 

真犯人の登場と衝撃の事実

NEWS EYESの緊急特番が始まりました。

遅れて登場してきた『真犯人』が、ある証拠DVDを持ってきました。

それはあまりにも残酷なシーンだったので、番組内で放送することは出来ませんでしたが、スタジオだけで鑑賞することになります。

その内容とは、牧村の妹・里香が首を締められて殺害されるシーンを記録したものでした。

それを見た牧村は、涙し、スタジオは一同騒然としました。

『真犯人』は、曾根崎を『詐欺師』呼ばわりします。そこでカッとなった曾根崎は、仙堂が持っていた万年筆を奪い取り、真犯人に襲いかかります。

スタジオ内は大混乱。

そこで、仙堂は、曾根崎に『告白本を書いたのは誰だ』と問いただします。

すると、『書いたのは私です』、と牧村が告白しました!

 

曾根崎の正体は、牧村の妹・里香の婚約者である小野寺拓巳でした!!

屋上から飛び降りていましたが、命は助かっていたのです。

拓巳は、『全くの別人になる』と言い、事件が時効になっても、犯人を捕まえると誓いました。

ちょうど被害者である院長・山縣の協力の下、整形手術を行います。

その後、真犯人を誘い出すため、告白本を出版したのです。

 

『真犯人』と名乗って出演した覆面の男は、ネット上で依頼された一般の人でした。

 

番組が終わり、拓巳と牧村は、呆然としたように立っていましたが、拓巳は『まだ諦めない』と、改めて決意を新たにしました。

 

いよいよ犯人が分かる・・・

それぞれ、ビデオや資料を見返していると、何かに気づいた様子。

拓巳は、山縣院長のもとに行き、どこかに向かって行きます。

しかし、そのことを牧村には言っていませんでした。

牧村は車についているGPSを頼りに、拓巳を追いかけます。

 

軽井沢の仙堂の別荘では、仙堂の密着取材インタビューが行われていました。

カメラで広い家の中を撮り、仙堂が話しながら進んでいく・・・

しかし、仙堂は、ふと異変に気づきます。

 

地下の部屋へ進んでいくと、拓巳が座っています。

そして、真犯人は仙堂だと指摘しました!

仙堂は、犯人しか知らない事実『里香が婚約していた』ことをテレビ内で喋っていた。

しかも、拓巳が『私が真犯人です』と言うと、仙堂はいつも苛立っていた。

 

仙堂が自分が犯人だと認め、拓巳は仙堂を殺そうとするが、牧村が止めに入った。

牧村は、『法律で裁くことが出来るから殺すな』と言う。

実は、里香の殺害時には後ろに映っている東京タワーのライトが消え、日付が変わり、時効が撤廃された改正刑事訴訟法の適用が可能となっていた。

こうして、仙堂は逮捕された。

 

ラストシーン

拓巳は、海外に旅立つことになった。里香の命日には戻ると約束して。

空港には、山縣院長と美晴の姿が。

ふと拓巳が振り返ると、かつての姿が思い出されました。

 

逮捕された仙堂は、本を出版する予定だそうです。

しかし、病院で護送される時に、後ろから清掃員に扮した橘組の戸田丈に後ろから狙われます。

 

疑問点


とても衝撃な内容の映画でしたが、この映画を観て疑問点がいくつかありました。

  • 曾根崎が犯人だったら若すぎる
  • 曾根崎はいつ地図を手に入れたのか?
  • 拓巳は最後、どこに向かったのか?

 

曾根崎が犯人だったら若すぎる

『22年目の告白』というタイトルにもあるように、『22年前に犯行を犯した』訳ですが、

曾根崎(藤原竜也)が犯人だったのなら、当時何歳だったんだよ!!と思いましたね。

結局、犯人ではなかったのですし、拓巳が整形していたわけなので、見た目・顔については何とでも言えるのでしょうが・・・

犯人の顔が出た時に、『若すぎないか?』という疑問点は触れず、物語は進んでいきました。

 

曾根崎はいつ地図を手に入れたのか?

テレビ番組で曾根崎が拓巳だったこと・牧村が告白本を書いたことの真相が分かり、

その後、仙堂を密着取材しているスタッフが、仙堂のインタビュー日時や場所の詳細についての地図をなくすシーンがあります。

この時には既に曾根崎は地図を手に入れていたと思われるのですが、

映画の中では曾根崎はその後のシーンで、ビデオや資料を確認して、犯人が仙堂だと気付くようになっています。

となれば、曾根崎はいつ地図を手に入れたのか?

いつの時点で、犯人は仙堂だと気付いたのか?

番組内での騒動の中、気付いていたのかもしれませんが、そのような素振りもなかったです。

 

拓巳は最後、どこへ向かったのか?

最後はあっさり終わった印象ですね。

国際線だったので、海外に向かったようですが、どこへ何をしに向かったのでしょうか。

『里香の命日には帰る』と言っていたので、長期的に滞在するようですね。

詳しいことは明かされておらず、『海外で今後について考える』という感じのようです。

結婚する予定だった彼女を探し求めて、自殺未遂にもなり、22年間、相当な覚悟で生きてきた拓巳のラストシーンは、

『やり遂げた』『達成感』『どこかホッとしたような』そんな表情でした。

日本中を騒がせたこともあり、日本から離れてゆっくり過ごしたい気持ちもあったのでしょう。

それ以上に、『困っている人を救いたい』そんな気持ちもあるのかなと思いました。

 

映画の感想

内容は全く知らない状態でこの映画を観たのですが、かなり残酷なシーンもあり、かなりドキドキしました。

仙堂は海外でかなり辛い経験をし、自分と同じ状況の人を作りたいと、殺人を繰り返しました。

自分と同じ辛い状況の人がいる。それだけで心が救われるような、そんな気持ちになるそうです。

その気持ちも分からなくはないなと思いましたね。

自分と同じ痛みを知っている人がいれば、親近感が湧きますし、仲間意識が強くなるというか・・・そんなイメージはあります。

とは言え、かなり残酷はことをされたにも関わらず、同じことを出来るのが凄いですね。

 

そう思うと、かなり奥深い映画でした。

自分の気持ちを分かって欲しい・同じ苦しみを味わって欲しいと思うよりも、自分と同じような目にあってほしくない!!そう思う人がほとんどだと思いたいですね。

改めて、犯罪はいけないよ~というメッセージと共に、愛する人のために犯人をおびき寄せた牧村・拓巳が、成し遂げたい目的のためには何だってする強い意志というか・・熱い想いを感じました。

深い映画です!!



まとめ

2度目に見ると、また色々な事が見えてきて更に面白いんでしょうね!!

色々納得できることもありそうです。

藤原竜也・伊藤英明・仲村トオルの演技が上手すぎて、かなり息を呑んだシーンもありましたね。

本当に、途中グロい所もありましたが、とても考えさせられる映画です。
関連:美女と野獣の実写映画ネタバレ感想!村の人達がベルを変わり者と言う理由は?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー