母になるの沢尻エリカの女王様キャラは演技だった?別に騒動の真相は?





沢尻エリカ主演のドラマ『母になる』が4月から始まりますが、最近よくCMで見かけることも多くなりましたね。

『別に・・』騒動が2007年のことなので、もう10年が経とうとしていますが、すっかり性格が丸くなった沢尻エリカは再びブレイクとなるのでしょうか?

当時の騒動の真相や性格についてまとめました。

別に・・騒動の真相は?

 

出典:stat.ameba.jp

沢尻エリカ

出身地:東京都
誕生日:1986年4月8日
血液型:A型
身長:161cm

2007年に公開された主演映画『クローズド・ノート』の舞台挨拶での事。

終始腕組みをしながら不機嫌そうな態度を振る舞い、記者からの質問に対しても『特にありません』『別に・・』という発言のみで、マスコミ・世間からバッシングを受けました。

当時沢尻エリカはドラマ『1リットルの涙』で大ブレイクし、仕事が忙しくなり、体力的・精神的な疲労のピークだったと言われています。

それにしても、あの態度には衝撃でしたね。

疲れ切っていて相当イライラしたのでしょう。

しかし、沢尻エリカを怒らせたのは竹内結子だったとの噂もあります。

舞台挨拶の衣装で『ファーの着いたドレス』をスタイリストさんにお願いしていたのに、届いたのは全く違うもので、約束を守ってもらえかなったことに対して怒っていたそうです。

そんな中、竹内結子が、舞台挨拶で金髪のかつらをかぶり、ド派手なキャミソールを着ていた沢尻エリカに対して『ギャートルズみたいで可愛いね』と発言しました。

ギャートルズとは、原始人が主人公のアニメ『はじめ人間ギャートルズ』の事を言っていて、若干悪口なように聞こえますよね。

出典:アマゾン

かつては姉妹のように仲が良かった2人が、この件があってから竹内結子とは共演NGとなっています。

沢尻エリカの本当の性格は?





ドラマ『1リットルの涙』の沢尻エリカは、すごく可愛くて、難しい役柄でしたが完璧で感動的な演技でした。

リアルタイムでドラマを見ていましたが、感動しすぎて泣いてばかりだったのを覚えています。

当時のインタビューで『プレッシャーは感じない・多分自分は人とズレている』と言っていました。

自分をしっかり持っている強い人なのかなという印象を受けましたね。

しかし、映画『ヘルタースケルター』が公開された際は、体調不良で医師から『静養が必要』と診断されていました。

この頃に、うつ病になったと言われていて、ヘルタースケルターの主人公『りりこ』は、全身整形の副作用と仕事のストレスで心身ともに不安定な状態になっていくのですが、役に入り込みすぎてしまった影響だと考えたれます。

芯がある強い人だと思っていましたが、生真面目で周りの影響を受けやすい性格なのかなと思いました。

女王様キャラや、性格が悪いとも言われていましたが、演技だったのではないでしょうか。

最近では、丸くなったと言われていますが、歳を重ねるごとに性格が穏やかになっているのでしょうね。

 

まとめ

 

沢尻エリカは性格が丸くなって、これから再ブレイクとなると思います。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー