こどもの日は柏餅とちまきのどっちを食べる?由来やオススメお取り寄せ





こどもの日と言えば、柏餅やちまきを食べる習慣がありますよね。

私が柏餅が大好きで、よくおばあちゃんの手作りのものを食べていましたが、ちまきを家で食べる習慣はありませんでした。

そもそもなぜ、柏餅とちまきを食べるのでしょうか?

2つの由来やオススメのお取り寄せ商品をまとめました。

 

柏餅とちまきの由来は?

 

柏餅と言えば、柏の葉に包まれたお餅で、あんこ好きにはたまらい一品です。

なぜ柏餅が縁起物としてこどもの日に食べるのでしょうか?

柏の木の葉は新芽が出てから古い葉が落ちるという特徴があります

  • 新芽→子供
  • 古い葉→親

にたとえて『子供が生まれるまで親が亡くならないように』つまり、子孫繁栄家系が絶えないように、子供だけでなく、家族やその先の未来についてまで願いが込められていたのですね。

ちなみに柏の葉は一般的には食べないものとされていて、

  • 香り付けのため
  • 抗菌作用のため
  • 保湿効果のため
  • 手の保護

などの理由から葉っぱが巻かれているそうです。


ちまきと言えば、もち米をササの葉で包まれたものですが、私にはあまり馴染みがありません。

柏餅が日本独自のお菓子であるのに対し、ちまきは中国から伝わってきたのもので、ちまきの由来は、中国の故事によるものでした。

・・・

昔、中国の政治家に屈原(くつげん)という人がいました。

国王の側近として人々からも親しまれていましたが、ある日陰謀により国を追われるようになった屈原は川に身を投げて自ら命を落としてしました

その日が5月5日で、屈原の死を悲しんだ人々は、たくさんのちまきを川に投げ入れて、死を弔いました。

・・・

これがちまきのはじまりで、中国では5月5日にちまきを作り、病気や厄払いを願い、親族や知人に配る習慣が生まれました。

そして、日本にも端午の節句行事とともにちまきも伝わってきました。

関連:五月人形と鯉のぼりが両方必要な理由は?誰が買っていつ飾るの?

柏餅とちまきはどっちを食べる?





こうして2つの由来や意味を比べると、どちらもしっかりとした願いが込められていて、両方食べる方が良いのでは?と思いました。

実際に、柏餅とちまきの両方とも食べるご家庭もありますが、関西ではちまき、関東では柏餅と一般的に言われているみたいです。

オススメ取り寄せ

 

ご家庭で手作りするのも良いですが、最近ではネットでお取り寄せ出来るので便利ですよね。

少し珍しい商品があり、見ているだけでも楽しいものです。

ちまきはちまきでも、中にはモチ米ではなくういろうが入っています。

白・抹茶・黒糖の3種類があり、和菓子なので渡しやすく、内祝いやプレゼントにオススメです。


特製のあんこで、十勝産小豆のこしあん・京の白味噌あんの2種類があります。

白味噌あんは全国的かと思いきや、関東が中心となって販売していて、中国地方より西側の地域では売られていないみたいです。

この機会に是非一度、試してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

 

柏餅は子孫繁栄、ちまきは厄払いの願いが込められています。

どちらも縁起物としているので、両方食べるのが良いかと思いますが、私の実家では柏餅のみでしたね。

こうして意味を知ると、どちらも食べたくなりました!

関連:高槻鯉のぼりフェスタ2017年はいつ?イベント内容や混雑状況は?





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー