ロボネコヤマトの配達時間は的確なのか?メリットやデメリットまとめ





ヤマト運輸とディー・エヌ・エー(DeNA)が共同開発した『ロボネコヤマト』の実用実験がいよいよ始まりました。

無人宅配を目指し、更に自動運転をする車!という、今までの配達に関する常識が覆される予感がします!

2018年を目処に一部区間における自動運転の導入も予定しているそうですが、無人宅配が当たり前になる時代が来るなんて想像ができないですね。。

自動運転と無人宅配についての私なりのメリット・デメリットをまとめてみました。

 

▼目次

  1. ロボネコヤマトとは?
  2. メリット
  3. デメリット
  4. まとめ

ロボネコヤマトとは?

出典:www.jiji.com/

ロボネコヤマトとは、自動運転活用の配達サービスのことで、自動運転の社会がくる事を想定して開発されたそうです。

今後は、家で配達を待つ時代から、自分から取りに行く時代になっていくようですね。

4月17日から3月末までの間、神奈川県藤沢市の一部地域で実用実験が始まりました。

運行時間は8時から21時までで、スマホを通じて、受け取る場所と時間の指定を行い、車内の保管ボックスから自分で荷物を受け取るという流れになります。

受け取り時間の設定は10分刻みで出来ますし、到着の3分前には電話がかかり、保管ボックスは暗証番号やQRコードをかざすと開くようになっているので、防犯上の対策もバッチリですね。

 

現在は自動運転が実用化となっていないので、実際にドライバーさんが運転をしての走行となります。

最近はインターネットで何でも買える時代になり、食材や日用品ですら配達してもらえるようになりました。

便利な世の中になっているのですが、配達する荷物が増え、ドライバー不足になっています。

しかし今後、自動運転が実用化すれば逆にドライバーさんの仕事がなくなるのでは?と思いますが、何かあったときのためのサポートとして車内で待機するのかもしれませんね。

そうなるともはやドライバーではなくなりますが・・・

しかしAIの技術今後なくなる仕事があるという話は有名で、ドライバーさんもそのひとつになるのかもしれませんね。

オックスフォード大学の教授が提出した論文で話題になっていましたが、近い将来には10人中9人が今と違う仕事をしていると言われています。

スーパーのセルフレジ導入や、電話の自動音声サービスを見ると、そんな未来もそう遠くないんだなと実感しますよね。

少し話がそれましたが、、

無人宅配にはメリットがたくさんあるように言われていますが、デメリットも有るのではないかと思い、まとめてみました。


メリット




  • ドライバー不足の解消
  • 好きな場所で好きな時間に受け取れる
  • 家で待っている時のイライラがなくなる

ロボネコヤマトが導入されれば、ドライバー不足の解消・受取場所や時間の指定が細かいので都合の良い時に受け取ることが出来ます。

これがメリットとして全面的に説明されていますが、私が一番良いなと思うのが『家で待っている時のイライラがなくなる』ですね!

これ、同感してくれる人は多いと思います!

私もよくネットで注文するのですが、家にいる時間がすごく限られているんですよね。

配達指定時間が2時間ぐらいの間隔になっているので、指定した2時間は家に待機していないといけないのですが、待っている時間が嫌でした。

早く受け取って、外に出たい!とか、お風呂に入りたい!など、受け取るまでがそわそわするんですよね。

そして、仕事の日に家に着く時間が微妙で、8時半からだったら受け取れるのに、時間指定が8時から9時となっているのでとにかく受け取りの日にちを決めるのに必死でした。

一人暮らしだと、1回目に配達に来てもらった時に絶対に受け取れないので、不在票が入るんですよね。

ドライバーさん側からしても、配達に行ったのに不在で、また後日来るとなると二度手間だったと思います。

そういう面では、すごくありがたいサービスですね!


デメリット

メリットがあれば、必ずデメリットもあると思います。

あまり公表されていませんし、一見デメリットがないように見えますが、、、

気になるのは

  • 配達時間は的確なのか?
  • 荷物が重い場合は?

配達時間が的確なのかということですが、渋滞や道の混雑状況によってその時間に必ず着くことが出来るのかが疑問です。

更に、今後荷物の量が増え、利用者が増えるとなると、自分の希望する時間帯に指定するのが難しくなるのかなとも考えられます。

そのあたりは、車両を増やすことが解決策となると思いますね。

そして一番気になるのが、受取の荷物が重い場合は家まで来てくれないのか?ということです。

宅配のありがたいところは、家具や重い物でも玄関先まで届けてくれるので、自分で運ばなくて良いことですよね。

このサービスを利用するとなると、重い荷物を受け取り地点から自宅まで自分で運ぶことになります。

しかし、家具や家電を購入した場合、必ず配送になると思うので、それはお店の人が自宅まで届けてくれるのでしょうか?

どちらにせよ、ロボネコヤマトでは重い荷物の受け取りは出来ないのかもしれません。。

もし重い荷物の受取があるのなら、台車を用意してくれると助かりますね。


まとめ

自動運転・無人宅配が当たり前になる時代はやってくるとは思いますが、必ずしもメリットだけでなく、デメリットもありますよね。

今回の実用実験後、改良を加えて更に便利になるとは思いますが、実際に自分が体験してみないと何とも言えません。

今までも、コンビニで受取ができるサービスがあったので、外で荷物を受け取ることに抵抗はありませんが、無人という所が気になります。

その車両が襲われたらどうなるの?など、考えれば考えるほど疑問点が浮かんできますが、そこまで想定して車両に工夫がしてあるのかもしれませんね。

実験では日産の車両を使っていますが、どこの自動運転技術を取り入れるのかが決まっていないので、そのあたりも気になるところです。

また利用者の声などがあれば、随時更新していきます!




 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー