五月人形と鯉のぼりが両方必要な理由は?誰が買っていつ飾るの?





子供が生まれて初めて迎える節句が「初節句」で、女の子は3月3日「桃の節句」、男の子は5月5日「端午の節句」です。

女の子には雛人形、男の子には兜飾りや武者人形を送って飾ります。

男の子の場合は、五月人形と鯉のぼり、両方あるのですが違いや意味はあるのでしょうか?

そして、誰が買っていつから飾るのかなどまとめました。

 

五月人形と鯉のぼりの違いや意味は?

 

どちらも5月5日に飾る五日飾りですが、違いや意味はあるのでしょうか?

家の中に飾る五月人形は・内飾り、家の外に飾る鯉のぼりは・外飾りと言われていて、同じ端午の節句でも意味合いが違ってきます。

内飾りは、男の子の命を病気などから守り、身から災いをはらうお守りとして兜や鎧を飾ります。

元々は梅雨の時期になる前に鎧・兜の手入れを行うために家の中に飾られたのですが、外から災いが入らないようにとの意味もあるそうです。

鎧・兜は身を守るために作られているので、男の子を守る意味合いもありました。

最近ではコンパクトなものもありますが、本格的なものをネットで注文することもできます。


外飾りは、男の子の出世を祈り、威勢がよく出世のシンボルとされていた鯉のぼりを飾ります。

中国の歴史で、鯉が滝を登り切り竜になったという伝説があり、立身出世のシンボルとされた鯉ですが、外に飾り、空高く掲げることで神様に見てもらいやすくしているそうです。

鯉のぼりの色は、よく見てみると上から黒・赤・青の順番に並んでいます。

  • 黒い真鯉・・・お父さん
  • 赤い緋鯉・・・お母さん
  • 青い鯉・・・子供

を表していて、平和な家庭そのものを象徴しているのですね。

関連;高槻鯉のぼりフェスタ2017年はいつ?イベント内容や混雑状況は?

誰が買っていつ飾るの?





兜や鎧などの五月人形や鯉のぼりは、本来ならお嫁さんの実家から送るとされていましたが、最近では地域や風習、各家庭によって異なり、どれが正解というものはないそうです。

その理由として、昔は同居が当たり前の時代で、お嫁さんが旦那さんの実家に一緒に住んでいたため、娘の様子を見るために孫の節句飾りを持って訪れていたので、お嫁さんの実家側が用意をしていました。

最近では同居をする家庭も少なくなり、誰が買うというルールははっきりとはなくなり、それぞれの家庭で相談することが多いみたいですね。

3月3日「桃の節句」はお嫁さん側の両親が用意し、5月5日「端午の節句」は旦那さん側の両親が用意するというケースもあるみたいです。


・いつから飾るの?

五月人形や鯉のぼりが誰が買うのかは、家庭で話し合い購入をしましたが、いつからいつまで飾るものなのでしょうか?

調べてみると、特に決まりごとはないそうですが、3つの説がありました

  • できるだけ早く飾る
  • 端午の節句の約一週間前に飾る
  • 春分の日が終わってから飾り始める

一般的には春分の日が終わってから飾り始める人が多いですが、節目として春分の日や、縁起担ぎとして大安の日に飾るという意見もあります。

早ければ早いほどよく、先手必勝の言葉などから、出来るだけはやく飾るという意見がありますが、五月人形は一年中飾っていても良いとされているようですね!

なので買った時点で飾るというのもありです。

鯉のぼりは5月下旬から6月上旬まで飾る事もあるそうですが、天気が良い日に飾り、梅雨が来るまでには片付けたいですね。

関連:こどもの日は柏餅とちまきのどっちを食べる?由来やオススメお取り寄せ

まとめ

 

五月人形は病気や災いから守り、鯉のぼりは立身出世を願っていて、2つセットにして両方飾るのがベストです。

誰が買い・いつ飾るのかは特別決まっているわけではなく、各家庭により様々のようですね。

日頃から各家の両親とのコミュニケーションも大事なんだなと思いました。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー