マストドンの管理人ぬるかるは誰?入社するドワンゴの評判は?





今回は、新SNSマストドンの、日本で一番ユーザーが多いmstdn.jpの管理人・ぬるかるさんについて注目していきたいと思います。

大学院生ぬるかるさんが、mstdn.jpを立ち上げ後、ドワンゴに入社することも決まりましたが、一体どんな会社なのでしょうか?

ぬるかるさんについて・ドワンゴ社についてまとめました!

 

▼目次

  1. ぬるかるさんとは?
  2. ドワンゴ社の評判は?
  3. まとめ

ぬるかるさんとは?

ぬるかるさん:22歳の大学院生・mstdn.jpを私費で自宅のサーバに立ち上げました。

mstdn.jpの登録方法などはこちらから

筑波大学(情報学群情報メディア創成学類)出身、この春から同大学院(図書館情報メディア研究科)に所属しています。

院ではWEBと全く関係ない分野の研究を行う予定だったそうですね。

ネット上での運営経験は、FOMA専用2chブラウザ「W2Ch」の中間サーバや、twitterの診断メーカーのようなもの、そして、ゲームを自作して公開したりしていました。

もともと好きでやっていたそうですが、ご両親も理解あるお2人だったみたいです。

ぬるかるさんは、mstdn.jp立ち上げ後、運営を維持するためには、無修正画像や法的に怪しい内容のコンテンツを放置することが問題だと気付いたそうです。

様々な企業からお声がかかったそうですが、『技術的な事は手伝えるが、コンテンツの法的な管理は難しい』という所が多く、大学の先輩からの紹介でドワンゴに入社することが決まりました!


大学院の方は休学という形になっているそうです。

ちなみに5月8日が出社初日みたいですよ。

そして、入社するドワンゴは、マストドンのインスタンスfriends.nicoを管理していて、統合されるのではと言われていました。

しかし、今後は別々に運営していくようですね。

ぬるかるさんが、ドワンゴに入社することが決まったからか、friends.nicoのユーザーが一気に増えました。
ドワンゴとはどんな会社なのでしょうか?


ドワンゴ社の評判は?





株式会社ドワンゴ・・・インターネットにおける総合エンターテインメント企業

設立:1997年8月6日

資本金:106億1630万円

主な事業:nico nico(ニコニコ動画・ニコニコ生放送)・着うたフルR・着うたR・着信メロディサイト・オンラインネットワークゲームなど、インターネット上において様々なコンテンツを提供しています。

ドワンゴが聞いたことがなくても、ニコ動・ニコ生は聞いたことがある人も多いでしょう。

ネットを扱っている会社となると規模が大きそうで、待遇も良さそうですよね。

気になる福利厚生を調べてみると・・

ボルダリング・サバゲーなどの同好会があり、社内カウンセリング制度が珍しいなと思いました。

  • どわんご保育園(事業所内施設)
  • 美容室
  • リラクゼーションサロン
  • 社員専用タリーズ

など、社内施設にも魅力を感じましたね!

ドワンゴ公式HP

社内の写真を見ていても、現代風のオシャレな会社だなという印象です。

評判はどんな感じなのかなと思って調べてみると、

  • エンジニアが比較的多く、ほのぼのした印象がある
  • 性格や服装や、机に置くものなど、個性的な方がとても多い
  • 自由にのびのび楽しみながら仕事ができる
  • 合わない人は本当に合わないようで、早く辞められる
  • 職場の仲が良く、プライベートでも同僚と過ごす人が多い

vorkersよりほんの一部だけ上げてみましたが、やはりどんな会社も入社前と入社後のギャップはあるでしょうね。



合わない人は本当に合わないとありますが、本人のやる気がどうではなく、社風と合わないという事はよくありそうな話です。

ぬるかるさんは就職後、『実は技術力はありませんでした』となることが怖いと言っていましたが、のびのびと仕事が出来そうな環境なのかなと思いました。

これからもmstdn.jp管理人として活躍していって欲しいですね!


まとめ

ぬるかるさんは、22歳大学院生。

ドワンゴでの入社後の活躍にも期待ですね!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー