プロ野球日本シリーズ2017年の結果予想は?優勝を逃す理由も考察!





今年もプロ野球2017年シーズンが始まりました。

今シーズンはどのチームが優勝するのか野球ファンの人達にとっては気になるところです!

毎年優勝予想がされていますが、なかなか的中率が低く、どうなるのか分からないところがまた面白いところですね。

今回はネットでの予想も見つつ、どのチームが優勝するのか・また優勝できない理由も考えました!

あくまでも個人の予想ですが、軽い気持ちで見て頂ければ幸いです。

2017年のセリーグ順位の予想!

ネットやテレビを見る限りでは

  1. 広島東洋カープ
  2. 読売ジャイアンツ
  3. 横浜Denaベイスターズ
  4. 阪神タイガース
  5. 東京ヤクルトスワローズ
  6. 中日ドラゴンズ

という順位予想が多いです。

私の予想は

  1. 阪神タイガース
  2. 広島東洋カープ
  3. 読売ジャイアンツ
  4. 中日ドラゴンズ
  5. 横浜Denaベイスターズ
  6. 東京ヤクルトスワローズ

です。

この時点で「どうせ阪神ファンやろ?」と言われそうですが

そうです、阪神ファンです。

その為もちろん願望もありますが、ちゃんと根拠もあります!

 

画像:search.yahoo.co.jp

理由その1 若手の台頭

昨年、超変革の元に芽が出てきた原口、北條、高山、中谷、岩貞、青柳

といった選手が去年の経験を生かせれば昨年の広島カープ同様、勢いに乗ります。

まず原口ですが昨年は主にキャッチャーとしての出場ながら持ち前に長打力と勝負強さを武器に十分な打撃成績を残しました。

今年はファーストでの出場ということで打撃により磨きがかかると思います!

北條は見るからに昨年よりも体が大きくなっていてスイングも明らかに早くなっています

ツボにはまれば一発を放り込めるパワーもあるし昨年身に付けた右打ちもできるので率を残すこともできると思います。

守備はまだまだ球際に弱い一面もあるものの確実に向上はしているので心配は無用です。

高山についてはもう説明する必要もなさそうですが昨年の新人王です。昨年は新人ながらその卓越したミート力とリーグ2位の得点打率で大活躍でした!

今年はそこに長打力が加わっているので本塁打増でさらなる活躍が期待されます。

 

理由その2 ベテランも元気

糸井が入ったことでセンターラインが一気に強化されましたし走塁面においても明らかなレベルアップに成功。さらに今年からキャプテンに就任した福留がいることも心強いです。

投手陣では先発のメッセンジャーと能見、この2人のベテランがしっかり試合をつくって藤川がリリーフで控えることで若手とベテランのバランスが非常によくなっていると思います!

昨年の広島カープでいえば打者では新井投手では黒田といったところでしょうか。

 

理由その3 リリーフのピッチャーが揃っている

2005年の阪神タイガースの優勝以降必ずといっていいほどリリーフのピッチャーがいいチームが優勝あるいはいい成績を残しています。

2005年の阪神でいえばJFK(ジェフウィリアムス、藤川、久保田)や巨人の越智、山口、クルーン

ちなみに昨年の広島も中崎、ジャクソンなど

最近の野球は先発完投が減っているのでリリーフは絶対不可欠です!

その点、今年の阪神はドリス、マテオのドミニカコンビに加え、ベテラン藤川、成長著しい桑原、松田、

左のリリーフエース高橋、先発からの転向の岩崎とかなり層が厚くなっています。

 

以上の点から今年は阪神タイガースの優勝で決まりです!






2位以下のチームについてはファンの方には怒られそうですが

優勝できない理由を述べさせてもらいます!


2位 広島東洋カープ

昨年の優勝チームだけあって間違いなく他球団から研究し尽されることになります。

さらにベテラン黒田の引退は数字だけでなくチームの精神的なマイナスにもなると考えます。

また昨年は新井や鈴木などの爆発がかなり効きましたが果たして2年連続できるかというところです。

正直、昨年は少しできすぎな所があったと思うので今年は2位です。

 

3位 読売ジャイアンツ

陽、森福、山口、カミネロ、マギーなどの近年稀にみる大補強をしたものの

カミネロ以外は全盛期は過ぎています。

坂本こそ元気なものの若手が台頭してこないことで野手陣の入れ替えがほとんどできておらず、未だに阿部、長野に頼らなければならないのは辛いところです。

投手陣も山口が既に最盛期を過ぎておりストッパーの沢村もいまいちピリッとしないので、リリーフ陣にも不安が残ります。

 

4位 中日ドラゴンズ

大島、平田がFA残留したことは非常によかったと思います。またビシエドがNPB2年目で慣れてくれればよりいい成績を残すことができると思います。また新加入のゲレーロもオープン戦から見せていた打棒をシーズンでも発揮できればいい打線が組めると思います。

投手陣も後ろは「たじ魔人」こと田島がいるのは大きいです。しかし先発投手陣のコマ不足が否めません。

エースの大野こそ健在ですがその他がなかなか出てこないです。

 

5位 横浜Denaベイスターズ

昨年、クライマックスシリーズに進出し今年はさらなる活躍が期待されそうですが今年はけっこう厳しい戦いになると予想します。

まず2冠王の筒香、WBCにもほぼフル出場していますし警戒もされると思います。疲労も相まって昨年ほどは打てないと思います。

投手陣も先発、リリーフ共に他球団よりは見劣りがする分、打撃でフォローしなければいけないのですが

今年はそこが難しいと思うので下位予想です。

 

6位 東京ヤクルトスワローズ

2年連続トリプル3の山田は今年もやってくれると思うのですが、バレンティンはWBCの時ほどフォアザチームではやってくれなそうですし、畠山、雄平といったあたりも少し陰りが見られます。

そして投手陣はさらに厳しい状態で優勝した時のような強力なリリーフ陣もいなければ先発陣も小川、石川といったところが昨年の故障明けでどれぐらいやれるかが未知数です。


 

過去を振り返っての感想

優勝するにはやはり投手陣を含む守備力にあると考えます。

1985年の阪神や2001年の近鉄のような打ち勝って優勝するチームは本当に稀です。

打線は水物と言われるぐらいなのでやはり投手陣がモノをいうと思います。

投手陣がいいと連敗もしにくいし接戦も勝ちやすくなります。接戦を落とすことなく勝てるように

なってくるとドンドン勢いも出てくると思います。

昨年の広島や日ハムがそんな感じでした。


まとめ

今年のセリーグは大混戦になると思います。

圧倒的なチームはなく、何かがキッカケで勢いに乗ればどこでも優勝するチャンスはありそうです。

優勝以外で、個人的に注目したいのは

  • 3年連続トリプルスリーなるか!ヤクルト山田
  • 今年の新人を含む大谷、藤浪世代の活躍
  • 松井以来の日本人シーズン50発の期待がかかる・筒香

です。

今年も面白いペナントレースになりそうですね!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー