バスガイドは低給料?お金の使い道と寮暮らしで意外に貯まった貯金




バスガイドの給料は低いと言われていますが(実際に、仕事内容とは割に合わないのでは?と思っていた)、今思えば、バスガイドとして働いていた時が一番お金に困らなかったです。

これは私の経験であり、同期の中では毎月かつかつで生活している子もいましたので、一概には言えませんが、先輩や後輩を見ても、意外とみんなお金貯まってるんだなという風に見えました。

思い返してみれば、確かに、お金が貯まる要素がたくさんあったなと思いました。

バスガイドは低給料と聞くから不安だな、やっていけるかな、と思っている人の参考になれば幸いです。


 

 寮生活なので、ほぼ実家生活と同じ固定費

 

 

社会人になり、一人暮らしになると、家賃という毎月引かれる固定費が発生します。

毎月の出費の中で、家賃が一番大きいと思います。

 

私は後々バスガイドを辞めたあと、一人暮らしをしていますが、当時は家賃5万円でした。5万ぐらいなら払えるかな、と軽く考えていましたが、毎月かつかつの生活で、貯金は一切出来ませんでした。

 

バスガイドの時は寮生活で、寮費が3200円でした。そして、各自の部屋の電気代がプラスされます。

ほぼ仕事していると、部屋にいることが少ないので、電気代も月100~300円ぐらいでした。(部屋に冷蔵庫があったり、エアコンをたくさん使う子でも月1500円ぐらいです)

つまり、毎月引かれる金額が4000円にも達していなかったので、ほぼ手取りの給料が使える金額でした。

 

 

 食費について




寮生活の時は、食堂のおばちゃんがいて、夕食のみ作ってくれていましたが、その制度が途中からなくなり、自炊・各自で用意となりました。

しかし、観光の仕事をしていると、昼食や夕食が頂けることも多々あり、食費にもあまりお金がかかりません。

(だからこそ調子に乗って、自炊は全くせず、ほぼ外食でした)

たしか毎月の食費だけで3万ぐらいだったと思います。途中から自炊をした時もありましたが、その時の食費はもちろん下がりました。

(ちなみに一人暮らしをして毎日自炊をしていた時の月の食費は12000円ぐらいでした。)

 


 

 19歳で車を購入

 

 

18歳から仕事をして1年。貯金額は100万円を超えていました。

自分でもびっくりで、貯めたという感覚はなく、気がついたら貯まっていたという感じです。

私が住んでいたところは少し交通の便が悪く、先輩で車を持っている人もいたので、社会人2年目になり、車が欲しいと思い始めました。

ちょうど2年目の夏ぐらいに、親にも相談して、車を購入しました。(ダイハツのココアでした)

これで一気に貯金はなくなりましたが、やはり毎月減っていく金額が少ないので、また徐々に貯まっていきました。

車を買ったのは私だけでなく、同じ頃に同期に2人、購入者がいました。先輩は3人、車を所有していました。(後々、後輩も車を買いました)

なので、意外とみんなお金貯まってるんだなという印象がありました。

 


 

その他、使っていたもの

 

主にお金の使い道として、食費と洋服代と娯楽(カラオケ・銭湯)、そして私はちょっと良い布団や枕を買ったり、リラクゼーションサロンに通っていたりしました。

毎月使っていた金額は6~8万円ぐらいだったかと思います。

仕事をしている時はあまり使うこともないので、それで貯まっていったというもの大きいです。

実際、給料としては安いとは思いますが、実家ぐらしのような感覚なので、派手に使わない限り、十分やっていけると思います。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー