秦佐和子の声優としての活動実績!SKE48より収入が下がった?





AKB48などのグループから卒業したメンバーは、日に日にテレビで見ることが少なくなっていますが、実際のところ活動はしているのでしょうか?

そんな中で、元SKE48のメンバーで人気上位だった秦佐和子(しゃわこ)さんは、声優として活動しているそうです。

小学生からの夢だったという声優として頑張っているみたいですね。

2009年にSKE48の第三期メンバーのオーディションに合格し、一年後にチームKⅡに昇格しています。

しゃわこさんと言えば2011年に「パレオはエメラルド」で初めて選抜メンバーに選ばれ、22歳316日でのメンバー入りはSKE48の最年長記録を持っています。

1988年9月14日生まれなので、現在28歳!

卒業したのは24歳の頃なので、それぐらいの年になってくると、アイドルから次のステージを考える人は多そうですね。

そんなしゃわこさんの声優としての活動や、SKE48時代より収入面ではどう変わったかなどを調べてみました。


・声優としての活動実績

アマゾンより

『声優パラダイス』という雑誌のvol.17の行け!声パラプロダクションというコーナーに登場し、声優としての近状やインタビューをされています。(次の号から連載開始)

こんな雑誌があったのですね、、、!初めて知りました。

 

2014年から、インターネットラジオもしも声優がいっぱい住んでいるマンションがあったらの曜日別パーソナリティを努めています。

メゾン・ド・イーコエというセンスの良い名前のHPが、まさにマンションをイメージしていてとても可愛いです!!(今はパーソナリティではないみたいです)

 

そして2015年に、テレビアニメVENUS PROJECT(ヴィーナスプロジェクト)のメインキャスト(原エリコ役)を努めています。

もともとはゲームで、アイドルを育成してアイドル同士が戦うという内容です。

原エリコという役は、抜群の身体能力を持っているけど、燃費が悪く、人間離れした大食いのため腹減り子と呼ばれることもあるそうです。

なかなか可愛いですね!

 

2015年8月には、初の冠番組パンがなければゲームをすればいいじゃない(略してしゃわパン)が配信開始。

ゲーム紹介やプレイをしたり、エンガワだけをひたすら食べたりと、ほのぼのしています。

やっぱり、可愛いに尽きますね、、、!!

 

声優としてもしっかり活動できているので、また今後に期待です!!

 


・収入は減ったのでは?




アイドルのほとんどは、芸能プロダクションに所属し、そこからギャラをもらいます。

月給固定制と歩合制に分かれ、制度は芸能プロダクションや契約ごとにも異なります。

トップアイドルは月給固定制+歩合制の両方を取り入れていることが多いです。

ある噂によるとSKE48の松井玲奈が年収4300万円、須田亜香里は1500万円という話もあります。

しゃわこさんも1000万以上はあったのではないでしょうか?

 

では声優さんはどうなんでしょう?

やはりアイドルと同じピンからキリまでですが、年収数万円から数千万円まで幅広いです!

しかし、声優はプロダクションに所属はするけど、個人事業主の分類になるため、報酬が収入になります。

アイドルの場合、芸能プロダクションに配当分を差し引かれるので、秦佐和子さんほど活躍していると、SKE48時代より多く貰っている可能性もありますね。。。

AKB48を卒業した人達の中では、AKB時代の方が収入が良かったという人もいるので、アイドルは一見、収入が高そうですが、卒業後に収入が上がるのは本人次第かもしれません。

たとえ今の収入が低くても、しゃわこさんならこれからどんどん上がっていくでしょうね!

今後が楽しみです!!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー