Auto Draw(オートドロー)の簡単な使い方は?一部だけを消す方法も!





GoogleからリリースされたwebアプリのAuto Draw(オートドロー)を、説明書も何も見ずに使っていたのですが、よく調べてみるといろいろなことが出来るようですね!

この機能を賢く使えば出来ることは無限大に広がりそうです。

自分で作った絵のシェアも出来るので、オリジナルの素晴らしい絵がSNSで公開する人もいるかもしれませんね。

早速使い方を見てみましょう。

 

オートドローの使い方は?

 

何も説明書を読まない状態で使ってみた時は、好きなように絵を書いてみて、書きたかった絵の予想をしてくれて、それを選ぶと可愛い絵に変換されるという使い方のみだと思っていました。

ダウンロードもこちらから出来ます → 関連:AutoDraw(オートドロー)は下手な絵をどこまで認識する?使ってみた感想

しかし、単色で一つの絵しか描けないと思っていましたが、自分のオリジナルの絵と組み合わせたり、色を塗ったり文字を打つことも出来ました!

※分かりやすいようにオートドローを使って説明してみました。

 

左下のボタンで選択をこまめに変えてから使っていかないといけないので、慣れるまで少し時間がかかるかもしれません。

例えば、文字を打って、そのまま位置を変えたいと思っても、『Type』から『Select』に変えてからじゃないと出来ないので、こまめに左下の設定を変えながらになります。

 


左下のボタンを押すと、様々な項目が出てきます。

Select:絵を選択して、拡大縮小、傾ける事が出来ます。選択した絵のみを別の色に変える事ができます。

Draw:通常のお絵かきモードです。

Type:文字を挿入でき、大きさやフォントを変えることも出来ます。

Fill:絵を塗りつぶすことが出来ます。自分で書いた丸を塗りつぶそうとすると背景の色が全て変わり、呼び出した図形(丸、三角、四角のみ)のみ塗りつぶす事が出来ます。

Shape:丸○・三角△・四角□の図形を挿入できます。

Auto Draw:このモードで描くと、自動で上手な絵に変換してもらえます。


これらを踏まえた上で実際に使ってみると、本当に無限に可能性が広がりますね!

自分の書いた絵と、自動の絵を組み合わせることも出来ます。

Drawの時は太さを変えることが出来ます!

そしてSelectをしていて驚いたのは、大きさや向きを変えるだけでなく、自分が書いた一部分を移動することも出来ます。




一部を選択して大きさを変えたり、向きを変えることはもちろん・・・

その部分を移動することが出来ます!

一部分だけを消したい時にもこのSelectを使います。

消したい部分を選択して右下にゴミ箱のマークが出てくるので、クリックするだけで消すことが出来ます。

線が繋がっていれば選択されるのかなと思いましたが、一筆書きをした部分のみが選択されるのでしょうか?

上手く使えば、修正しながら書き進めていけますね。

 

関連:AutoDraw(オートドロー)の面白い使い方?ハガキ風でSNSシェア

 

シェアできる!

 

完成した絵は、twitterやFacebookにシェアしたり、リンクをコピー出来ます!

文字も打てるので、ここに書き込むだけで手軽にSNSで発信もできますね。

メニューのShareからシェアを選択します。

どこにシャアするのか出てくるので簡単ですね!

近々使ってみようと思います。

まとめ

 

使い方を少し分かっただけでも出来ることがたくさん増えたので、もう少し試行錯誤していきたいなと思いました!

上手く使えば素晴らしいものが出来上がるのではないかと期待しています。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • hiroetanabe
    • 2017年 4月15日

    深谷さん、コメントありがとうございます!
    分かりやすいようにまとめ直します!

    • 深谷 苺花
    • 2017年 4月15日

    やり方が良くわかりません

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー