私はラブリーガルのシーズン1第2話ネタバレ感想!見た目が変わると態度が変わる?





前回のラブリーガル第1話は、唐突な始まりと展開でしたね。

見始めると止まらなくなってしまうのが、このドラマの悪いところでしょうか。

さて、第2話ですが見た目は重要?というタイトルとなっています。

2話ネタバレ感想

あれだけの美貌を持っていたデビーから、真逆のザ・アメリカ体型のジェーンになってしまったデビーにはちょっと辛いクライアントだったようです。

そのクライアントは、勤めていたバーを体重増加でルックスが悪くなってしまったという理由で解雇されてしまい、それに対して裁判を起こします。

クライアントと初めて会った時、上から下までを「Body Check」してしまうジェーンはクライアントであるルーシーに「細くて若い美人にされるのは慣れているけど、私と同類のFなあなたにそんなことされるなんて」と怒ってしまいます。

FというのはFatを指していると思われ、日本語になおすとデブとかそういう表現になるそうです。

昔は何気なくしていたことですが、立場が変わると、自分の心を痛めることに気づきます。

それなのに、親友のステイシーは少しでも元のデビーに近づけようと、ダイエットを押し付け過ぎて徐々にジェーンと温度差ができてきます。

見た目が変わるとこんなに如実に周りの態度が変わるものなのか?とも思ってしまいます。

デビー時代に通っていたバーに調査も兼ねて訪れますが、どこか居心地が悪く落ち着かないジェーンでした。

弁論がうまくいかない中、雲行きも怪しくなりジェーンの上司はデブ=障害に論点をもっていこうとします。

ジェーンは渋々ながら従いますが、もちろんルーシーにしてみればたまったものではありません。

そんな時に親友のステイシーとも喧嘩してしまい家を飛び出してしまいます。

これが、客観的に考えるきっかけになったようでした。

守護天使のフレッドがジェーンに対して「今デビーを見るとどう思う?」と問いかけます。

ジェーンは、かわいそう・・・見た目がいいだけの空っぽな人間だと思ってしまうと言っていますし、逆だったら痩せる努力すれば?と思ってしまうとジェーンは言います。

二人の真逆の立場を知っているからこそ、こういう考えに至るのだと思います。

おそらく、前のままでは見た目こそが最重要という概念だけで生きていて、四六時中ダイエットとカロリーを気にして生活していたことでしょう。

これで吹っ切れたジェーンはステイシーとも仲直りし、自分のペースで行かせてほしい旨をステイシーに伝えます。

また、ステイシーも悩みや、ジェーンとの距離感を感じていたと告白しまた、すぐ仲の良い二人に戻るところも見ていて微笑ましかったです。


一方、ルーシーの案件も売り上げと、ルックスを追求しすぎるオーナーに対し、アメリカの平均体重であるルーシーを解雇するのは不当であるし、差別であるといいます。

一部の選ばれた人間ではなく、みんなが気軽に入れる店を目指すべきでは?との考えに至ったうえでのものでした。

これが陪審員を動かし、勝訴が確定しそうなところで向こうからの和解を受け入れます。

ちゃっかり、給料の20%アップなどの条件を飲ませるあたりも凄腕の弁護士だと思わせられます。

 


こうして、めでたしめでたしで第2話も終わるのですが、同じ職場で働く元?恋人のグレイソンの事が気になってしょうがないようです!

案件が違うので一緒に仕事をする機会は今のところありません。

見ていて、歯がゆさが伝わってきます。自分がデビーだと告白せればどれだけ楽になれることか!

しかし、そうできないことはジェーンもわかっているのです。

次回は、グレイソンとの間に進展はあるのでしょうか?

いや、ジェーンがかわいそうだから、接点をもっと作ってあげてほしいと思ってしまうのは私だけでしょうか?


次回はどうなる?





私は気が早いかもしれませんが、このドラマは最終的には、ジェーンとグレイソンがお互いにまた惹かれ合って、やっぱり大切なのは中身だよねという最終回を期待している一人なので、ジェーンとグレンソンに注目していきたいと思います。

毎回、ジェーンの担当するクライアントには考えさせられる事が多く、次のクライアントはどんな人が来るのか楽しみでもあります。

また、コメディ要素が強いドラマなのにジェーンの言葉にもの結構心に刺さるものがあり、勇気づけられることもしばしばありますのでジェーンの発言にも注目です。

さらには、グレンソンとべったりの同僚キムとのバチバチ感も見ていて面白く、ルックスで負けている分頭の良さで一泡吹かせてやれ!と心のなかで思っているのでそういうシーンに期待です。


まとめ

第2話は、入れ替わったデビーにとってはビンゴの案件であったし、また、考えさせられる内容となっていて見ていて考えさせられる部分も多くありました。

それでいて、ステイシーの憎めない感じや、ジェーンのオフィスでスクワットを始めるなど空気の読めないところにクスクス笑いが生まれたりして、このドラマの魅力が存分に垣間見えた第2話だったと思います。

関連:私はラブリーガル1話ネタバレ感想




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー