サクラダリセット2話の感想ネタバレ!鬱展開に陥りそうなディープな内容?






サクラダリセット2話の感想ネタバレです!

あらすじ・ネタバレ

前回は過去?の回想シーンで次に続く形で本話につながります。

現在の倉川マリは、母親の能力によって作り出された人物であり母親の能力は、
7年前に倉川マリ(オリジナル)がお腹の中で死んでいた時に発現したものであると浅井は言う。

公園内で管理局の津島が、現在の倉川マリを本来いるべき場所へ連れて行こうと迎えにくるも怯え応じようとはしない。

倉川マリの母親は、既にマリの存在を忘れるために町を出たと津島は告げる。

津島は、母親はマリのことをある時から自分の子供であると信じられなくなったといい、
そのあるときは父親が初めからマリを受け付けることができず
3年我慢して蒸発した頃あたりから徐々に信じられなくなっていったという。

浅井は、すべてを丸く収めるために幼い少女をより多くの人の幸福を守るために犠牲にすることに納得がいかず、
津島を問い詰める。(少々のいざこさ有)

春埼自身も助けたいと願っているがどうすればいいのかわからずといった所で浅井が、
自分の能力と春埼の能力を組み合わせることで助けることが可能だと提案する。

そこで春埼が能力のリセットを実施し、過去に遡り坂上の能力(相手の能力のコピー)

で未来の情景を思い出し、倉川マリを助けに行くことにする。

事情を知らない相馬や坂上に説明を行い、作戦を伝え坂上の能力が必要であることを伝えるが、
坂上は相手が管理局である以上、管理局の許可が無ければ協力は難しいと言われる。

作戦実行当日、浅井は、津島を目の前に倉川マリ助ける許可がもらえなければもらえるまで手を切り続けるという宣言し実行する。

口先だけでも良い旨を言われ津島も同意し、宣言をする。

病院を出て町を出ようとするマリの母親に浅井が止めに入り、説得を行うが母親は、マリ(オリジナル)はすでに亡くなっていてそういった状況下で今のマリと幸せになることはできないという。

マリが不幸になることで逆に誰も幸せになるなんてことは無いと浅井に説き伏せられ、坂上の能力で7年前に遡りもう一度状況を整理して見極めてからこの町を出るかどうか判断してほしい旨を浅井から言われ過去に遡る。

現在に戻り、今のマリの気持ちを受け取った母親は、その場で泣き崩れる。

翌日後?数日後?相馬が浅井を訪ねてくる。
雨の中バス停で浅井自身生い立ちや倉川マリに絡めた春埼のことを話す。
髪を切った春埼から先日、母親と同伴の倉川マリを会ったが特段話すこともなかったと告げ、
新たに自身のルールを追加することにしたと言う、それは浅井に従うということでした。

浅井が春埼から告白を受け、試しにキスを試みるも互いに嬉しいや感動といった感情は沸かず、
浅井は春埼と自分の能力があればより多くの涙を消すこと(困っている人を助けること)ができるし、
今はそれのステージにいるだけでいいと告げる。

その後、春埼がリセットを行い(使用の理由は明らかではない)相馬が、
浅井を訪ねる時刻に遡るが、相馬は来ず翌朝に遺体となって発見されたというニュースが流れる。

相馬が死んだ詳細については、明らかにされていない?状態のなか環境は、2年後に飛ぶ。

津軽を監視役とし、浅井と春埼の二人で多くの涙を消していく行動を行っていく

 

感想・ネタバレ





倉川マリのケース解決までのストーリーは、内容としても充実していたように感じました
(どうして倉川マリ2代目ができたのかや母親がどうしてマリを避けようとしていたのかなど)。

ただ、その後に髪をばっさりと切った春埼の浅井へのいきなりの告白やその前後での相馬とのやり取りにおいて相馬が死亡すること、
そのまま他の人物達(坂上や浅井の友人たちなど)との関わりあいもなく、
事体が2年後に飛ぶのは、いささか作成側の焦り(制作の都合など)を感じずにはいられない内容となっていました。

 

次回は?

倉川マリの一件を終えて、より成長した浅井、春埼コンビが津軽を監視役といった形で
それぞれのケース(困っている人を助ける事案)ごとに対応していく流れが完成し、次回は完全新規ケースを解決していくこととなる。

 

ライターの総括

2話早々にして鬱展開に陥りそうなディープな内容も含みつつの2話となっています。
ライター自身も1話から視聴しておりますが、既に若干の消化不良感を覚えています。

感想にも記載していますが、春埼の行動(髪をきったり、浅井に従うといった宣言など)は置いといても相馬が、
死亡したことによることのアニメの描写があまりにも雑すぎて、
見ている側からすると、「えぇー!?これだけ?」で終わりと思った方ほとんどではないでしょうか?

そして他の環境描写が何もなくいきなり2年後に事体が移るということで相馬の死はそれだけだったの?
という印象すら与えてしまうことなど、後々に相馬を引き出してきてもインパクトとしては弱くなりがちなので
そのあたりも計算してのものだったのかは、何とも微妙なところです。

関連:1話ネタバレ感想




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー