バスガイドの仕事は楽しい?家族以上に仲良くなれる同期の存在





高校を卒業してすぐ、18歳の時、バスガイドになりました。社会人として右も左も分からない時、親元を離れて知らない土地で寮生活が始まりました。

世間一般では、4月から始まるところが多いですが、3月の中旬から寮に入り、バスガイドとして研修が始まります。

バスガイドには資格がありません。なので、添乗員がガイド業務を行うこともあります。逆に、添乗員は資格が必要です。私がバスガイドを辞めてから、(私がいた会社は)添乗員の資格を取る制度も出来ました。

これから、バスガイドになる方、バスガイドに興味がある方に私の経験が参考になれば幸いです。

 


 

結局のところ、楽しい!

バスガイドの仕事内容は、観光案内です。バスが移動している際や、現地に到着してからの観光地や神社の中までも案内する場合があります。

その為、観光地の勉強や、案内をする内容を覚えることが必須です。これが正直、一番しんどい部分だと思います。

しかし、それが出来るようになってくると、とても楽しいです。

お客様に直接感謝される仕事なので、やりがいがあり、達成感もあります。

そして、自分が今までに行ったことがない観光地に行けたり、普段生活していたら泊まることが出来ないような高級旅館に泊まったり、美味しい食事を食べれたり、とバスガイドって贅沢だなと感じていました。

その点では18歳にして経験できたことがとても誇らしく思います。

 


 

バスガイドの同期





もし、あなたがバスガイドになったなら、、、必ず、同い年の同期が出来ます。

必ず同期は仲良くなり、絆がとても強くなります。

同じ環境で働いて、同じ悩みをもち、同じ感動を分かち合えているからこそ、話す内容が深くなっていきます。寮生活なので、家族以上に家族のような存在です。

時に、喧嘩をしたり、一緒に泣いたり、愚痴をこぼしたり。

たくさん笑ったり、ふざけ合ったり、、、高校生の時までの友達付き合いとは全く違う、深くて、濃い関係になれます。

そんな同期も、仕事を辞めていきます。

仕事を辞めて違う職場になっても、結婚して遠く離れてしまっても、子どもができてママになっても、

いつまでも、絆は途切れることなく、繋がり続けています。

これは、私自身、本当に不思議だなと感じます。

同じ気持ちを持って生活していたので、たとえ1年でも、高校生活の1年とはまた違う濃さがありました。

 

仕事内容とはまた違う話になってしましましたが、もし、バスガイドでない仕事をしていても、同期は大事にしてほしいなと思います。




 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー