箱根美術館の紅葉2017年の見頃はいつ?イベントやアクセス情報など!





箱根町強羅にある箱根美術館。

昭和27年に開設された、箱根で最も歴史のある美術館です。

庭園内「神仙郷」のもみじがいっせいに色づく11月の紅葉は、展示されている数々の美術品に勝るとも劣らない芸術作品のようです。

見頃時期、イベント、混雑時間などまとめてみました。

 

箱根美術館の紅葉の見頃はいつ?

箱根美術館は、創立者・岡田茂吉が昭和19年に強羅公園などの一部を買収した土地を整備して、昭和27年6月に開設したものです。

特にその庭園内の「神仙郷」には約200本のもみじが植えられており、11月上旬には色づきはじめ、11月下旬まで紅葉を楽しむことができます。

 

紅葉は種類によっても期間が違いますし、環境・天候にも左右されると思いますが、意外にも楽しめる期間って短いんですよね・・・

色づき始めて、綺麗だなー!と思っていたら、あっという間に散っていき、冬の到来です。

何だか、寂しい気持ちになりますね。

少し話がそれましたが、この庭園は国の登録文化財とされており、苔庭としても有名で、約130種の苔の緑と紅葉の鮮やかなコントラストを楽しむことができます。

 

イベントやライトアップは?





・紅葉祭り

11月11日(土)、12日(日)の二日間に渡って紅葉祭りが開かれます。

「紅葉の神仙郷と秋の催し」の中のイベントとして、庭園の神仙郷内にある日光殿にて行われるこの催しは、琉球舞踊と、薩摩琵琶演奏による日本舞踊の交互上演という豪華なプログラムです。

日光殿への入場料は必要ありませんので、期間中は是非見に行かれることをオススメします!

 

残念ながらライトアップはありませんが、標高600メートル以上に位置するこの庭園の澄み切った空気を味わいながら、紅葉鑑賞を楽しめるといいと思います。

 

混雑時間は?

土日祝日はかなりの混雑が予想されます。

箱根は世界的な観光地ですから、海外からのお客様も多数いらっしゃるでしょう。

是非時間に余裕を持ってゆっくりと鑑賞なさってください。

特に経路となる、強羅駅で乗車するケーブルカーは満員のためすぐには乗車できないかもしれません。

強羅駅から歩けないこともないですが、かなりの上りになりますのでご注意ください!

 

 

 

アクセス・駐車場・入館料・開園時間など


場所:神奈川県箱根町強羅1300

電車:小田原駅より、小田急線箱根湯元駅、箱根登山鉄道強羅駅を経由し

ケーブルカー公園上駅下車 すぐ

:東京方面より 東名高速、小田原厚木道路経由し箱根新道湯元出口から国道1号線にて強羅方面へ

 

駐車場:施設に隣接(100台) 無料

 

 

入館料:大人900円

大学生・高校生400円

中学生以下無料

65歳以上700円

 

 

開館時間:9:30~16:30(入館は16:00まで)

11月は無休です!

 

 

まとめ

ちなみに紅葉の時期だけでなく、新緑の季節もオススメですね!

真っ赤な紅葉も素敵ですが、この青々とした景色にも癒やされます。

 

箱根美術館の館内には日本の陶器が多く展示されていて、

古くは縄文式土器や埴輪男子像、瀬戸や備前の壺、桃山時代の茶陶、江戸時代の古伊万里鍋島などです。

 

箱根は見所が多く、時間が足りなくなってしまいますね。

箱根美術館だけでも、紅葉、美術品、茶の湯などなど、何時間あっても足りません。

是非、ゆっくりとした計画を立てて楽しんでください。

観光を楽しんだあとは温泉にゆったりとつかって、秋の箱根を満喫されてはいかがでしょうか?

強羅にもいい温泉はたくさんありますし、それ以外でも箱根湯本、小涌谷、宮ノ下などお好きなところを選べますよ。

宿泊された翌日は、他の美術館のはしごもいいでしょうし、おみやげ物屋さんめぐり、グルメし放題など、また時間が足りませんね。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー