サザエさんの花沢さんの声が変わった?こもっていて変だった?






2017年7月23日放送のサザエさんで花沢さんの声がいつもと違うと話題になったようです。

中島君の声もいつもと違っていたようで、ネットにはこんな投稿が、

 

「サザエさん見てたら中島くんと花沢さんの声が違和感だらけ・・・」

「なんだろ。中島ってこんな気持ち悪い声だったけ?花沢さんもすごいこもって聞こえる。」

 

このことに関しては、声優さんの交代とか、臨時の代役などという発表は何もありませんでしたので、なんともいえません。

本当のところはどうだったのでしょうね。

 花沢さんの声が変わった?

しかし2015年1月に一度、花沢さんを担当している山本圭子さんが病気のためお休みし、そのときは一龍斎貞友さんが代役を務めたことがありました。

一回分だけの代役で次週からはいつも通りの山本さんに戻っていたのです。

しかし番組ファンの間では大騒ぎになったのですね。

スポーツ紙ではありますが新聞記事にもなるほどのことなのでしたね。

 

2015年1月5日のスポーツニッポン紙面

「フジテレビのアニメ『サザエさん』(日曜6:30)で花沢花子役を務める声優の山本圭子が体調不良のため、4日オンエア分の収録を休んだ。女性講談師で声優の一龍斎貞友が代役を努めた。同局によると、山本は次週11日のオンエア分から復帰する。」

 

当時、おたくま経済新聞というサイトではこの件で貞友さんを直撃しています。

編集部「花沢さんの担当が変更になったということで、ネットが大騒ぎになっていますが?」

貞友さん「私が花沢さん役をさせて戴きましたのは昨日の放送分だけです。ご安心くださいませ」ということでした。

 

 

フジテレビの公式HP上のサザエさん番組紹介においては、声の出演者がしっかりとクレジットされているのは、

 

サザエ、カツオ、ワカメ、タラオ、フネ、マスオ、波平の7人です。

 

これらの人に何か変更があったりあるいは臨時にお休みしたりする場合は、このHP上などでお知らせがあるのだと思います。しかし、それ以外の人物の声はほとんどは固定された声優が演じているとはいえ、なにか都合があった際は、臨機応変に起用されることがあるということなのだと思います。

アニメに限らず、海外ドラマにおいても、サブメインくらいの登場人物の吹き替えをしている声優が、端役の、番組内で一つか二つのせりふの役の吹き替えも担当しているなんていうことはよくあることですよね。

昔と違って、今は地上波で海外ドラマをゴールデンタイムに放送するなんていうことはないですからあまり話題にもならないことですけれど。

CS放送などでは海外ドラマ、アメリカ、イギリスあるいは韓国、中国のものが大はやりですけれど、登場人物すべてに一人づつの声優を割り当てられないときは、そんなことはよくありますよね。よく聞いていればわかります。




どうしてもサザエさんのように長期間にわたって多くに人に親しまれている番組では、すべての登場人物がよく知られていますから、その声にも親しみがあって、違う人の声になっていればすぐに気がついてしまいますね。

仮に本当に声優さん交代ということになれば、なんらかの形できちんとしたお知らせがされると思います。

そうでないならばこの回だけの臨時の配役なのだということでいいのではないでしょうか。

 最後に

サザエさんのように半世紀近くも続いてしまうと、ちょっとしたことが大きな話題となってしまいますね。声優さんのこともそうですし、スポンサーの変更とか、登場人物の衣装や持ち物とか。注目を浴びるというのは大変なことですけれど、こういう業界においてはそれだけ稼いでいるということでもあるのでいいことなのかなと思います。

 

この人気アニメ、サザエさんこれからもまだまだ続いていくようですよ。

さあどんな細かい点が変化していくのかフリークの皆さんはよく見ておいてくださいね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー