引っ越しの挨拶はいつまでにどの範囲で行う?女性の一人暮らしの場合は?






お引越のときのご挨拶。

昔は必ずやっていましたよね、まあいろんな理由があって、それがいいことかどうかは別として。

日本というのはそういう社会だったのです。

 

最近は、状況も変わってきて、

必ずしも、しなければいけないということもなくなってきました。

 

特に都会の単身住まいとなると、ずっと隣の人がどんな人か知らないなんて普通ですよね。

ホテルの隣室の人のようなものですよ。知らないほうがいいのです。

とはいっても、まだまだ地域によっては挨拶が必要なところもあるでしょうし、ご家族で暮らす場合は、本当にお世話になることもあるかもしれませんから、ご挨拶しておいたほうが良いでしょうね。

引越のご挨拶、どういうふうにすればいいのかまとめてみました。

 

 

引越の挨拶はいつまでに、どの範囲で行う?

旧居でのご挨拶は、あまり直前にならずに余裕を持って済ましておいたほうがいいでしょう。

お向かい、両隣、その他お世話になったご近所の方にご挨拶しておきましょう。

その際は、1000円程度で、お好きなものが分かっているならそれを、そうでなければタオルとか洗剤、入浴剤なんかをお贈りしましょう。

 

新居でのご挨拶は、可能であれば引越の前に

「引越当日はトラックなどが出入りします、ご迷惑かけます。」

という意味で済ませておきたいですね。

そうでなければ、引越当日または翌日、遅くとも1週間以内には済ませましょう。

時間としては午後、日が暮れてしまったときは7時くらいまでにするといいと思います。

お留守の方も多いですからなかなか難しいですけれど。

 

ご挨拶しておくべき相手は、一戸建ての場合、向こう三軒両隣となります。

そしてお庭が接するなどの場合は裏側のお宅にも行っておくべきでしょうね。

マンションなどの場合は、両隣と上下階のお宅ということになります。

集合住宅ではちょっとした騒音振動などが問題視されることがありますが、顔見知りになっているかどうかで、トラブルを回避できたりということもありますので、きちんとご挨拶しておいたほうがいいかもしれませんね。

ご挨拶のお品物はやはりタオルや洗剤がいいと思います。

正式には外のしとして、「ご挨拶」「粗品」と入れ、ご自分の名前を書いてください。

あまりこだわる必要はないかもしれませんが、相手がご年配の方だったりすると好印象となるでしょう。

 

 

 

一人暮らしの女性は危ないからしないほうが良いのか?





どういうところにお住まいになるのかにもよりますが、本当に都会の繁華街の駅の近くの人通りの多いところの集合住宅の一人住まいならば、しないほうがいいでしょう。

さっき言いましたとおり、ホテルの一室くらいの感覚でいるべきです。

そうではなくてそれなりにしっかりした住宅地であるならば、一応はご挨拶しておくべきだと思います。

そのへんのところは、住居を決めるときに、仲介業者さんにどうすべきかを聞いておいた方がいいと思います。

そういうことをしっかりと教えてくれない仲介業者だったら、そこへ仲介を依頼すること自体をやめましょう。

業者なんていくらでもあります。

しっかりと信頼できるところを選んでください。

 

 

まとめ

一般の住宅地で引越をなさる普通のご家族ならば、出来る限り挨拶をしておくべきでしょうね。

本当に初めて住む土地ならば、その地域の特性なんかも教えてもらえるでしょうし。

また、見知っているかどうかで、万一の時の対応が変わってしまいますから。

小学校低学年のお子さんがいて、もしも何か危険な目に遭いそうなとき、どこのお子さんか知っていればすぐに何かして上げられます。

誰か分からなければ、どうしていいのか考えてしまいますよね。

ご高齢のご家族がいらっしゃる場合なんかもそうですよね。

お互いに助け合っていくべきところはいくらでもあるでしょうから。

 

他人に関わらないという風潮の昨今ですけれど、きちんとご挨拶してお互いに知り合っておけば何かと安心だと思います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー