ほくろが増える原因や対策は?紫外線以外にも理由があった?






最近、顔のほくろが増えてきたような・・・

 

歳を重ねるごとに、ほくろが増えている気がしませんか?

今回は、ほくろが増える理由や、消す方法について調べてみました!

ほくろが増える理由は?

生まれたばかりの赤ちゃんにはほくろがありません。

6ヶ月ほどするとほくろが出てきます。

ほくろは紫外線の影響を受けて出てくるものなので、お母さんのおなかの中にいる間にはほくろは出てこないのですね!

ほとんどのお母さんは、自分の子供が生まれたときにまじまじと全身を眺めてほくろがないことを確認していますよね。

数ヶ月たって、外で紫外線を浴びることが増えてくると、自然にほくろがでてきます。

これは先天的なほくろであって遺伝的なものであり、予防することはできません。良性のものですから心配することもありません。

 紫外線以外にも原因がある?

 

10代を過ぎてくると後天性のほくろができてきます。

この原因も多くは紫外線をあびて皮膚が刺激を受け色素細胞のメラノサイトが活発に活動したことによるものです。

代謝がしっかりしていれば、お肌のターンオーバーによってメラニンも排出され肌は元のままでいられるのですが、メラノサイトの活動が過剰になっていると母班細胞へ変化し、ほくろとなってしまうのです。

またストレス、疲労、そして生活習慣の乱れによってほくろができることもあります。

 

紫外線を浴びてメラノサイトが活発になると、メラニン色素が作られるのです。

これが多すぎますとほくろとなってしまいます。

ストレス、疲労、生活習慣の乱れも同様にメラノサイトを活発にする働きがあるのです。ホルモンバランスが乱れたりすることでメラニン色素を作りやすくしてしまいます。

 

ほくろを増やさないための予防法は?





従いまして、思春期以降ほくろを増やさないためには、先ず第一に紫外線を予防することが必要です。

簡単に言いますと日焼けをしないということですね。

7月、8月の真夏には気をつけるでしょうが、じつは5月、6月の紫外線量もかなり多いのです。日焼け止め、帽子、サングラスなどでカバーしておきましょう。

顔だけではなく、腕や足も同様ですね。

 

生活習慣の乱れにも注意してください。

睡眠不足や偏食などによって新陳代謝が悪くなりますとホルモンバランスが乱れほくろを増やす原因となってしまいます。

 

ストレスや疲労も大敵です。

生きていくうえでは避けられないことかもしれませんけれど、心も体も健康な状態を保っていける用意に心がけてください。

 

ほくろができた後も、紫外線を浴び続けてメラノサイトが活性化しているとほくろは大きくなっていきます。

つまりほくろができた後でも、日焼け防止は欠かせないのですね。

日焼け止めや、帽子、日傘を忘れないで下さい。

肌のターンオーバーも重要です。新陳代謝を維持したえず新しいお肌(皮膚細胞)が表面にでてくるようにする必要があるのです。

乾燥させない、ストレスをためない、食生活や睡眠時間にも充分に気をつけてください。

 

 ほくろを除去する方法は?

ほくろは良性のものですからそのままにしておいてもいいのですが、目立つところにあったりしてどうしても除去したい場合はどうすればいいでしょうか。

美容皮膚科で相談するのがいいですね。

除去施術にはいくつかの方法があるようです。医師とよく話をして納得いく方法を選びましょう。



電気分解法

高周波電流を流し、出血を最小限に抑えた治癒性の高い施術方法です。熱によってほくろの細胞を焼くもので、短時間で済み、通院の必要はありません。

 

切縫法

ほくろの周りを切開し、縫合する方法です。完全に治癒するまで時間がかかりますが再発リスクが低く、完全にほくろを取り除くことができます。

 

CO2炭酸ガスレーザー

皮膚組織の中に含まれる水分のみ反応する炭酸ガス(CO2)を利用してほくろを蒸発させ、患部の組織を除去する方法です。

 

 

 注意すること?

見た目はほくろと同じでも実はメラノーマという悪性黒色腫である場合があるので気をつけましょう。

これは皮膚がんなのです。

注意すべきことは、形が均一ではない、黒色もしくは黒に近い色、直径が6mmを越えたもの、手のひらと足の裏にあるもの、1~2で肥大化したもの。

このようなものはメラノーマである可能性があります。

メラノサイトや母班細胞がなんらかの原因でがん化してしまったものなのです。

他の臓器への転移が起こるので、早期発見、早期治療が必要です。

皮膚科専門医で診察を受けてください。

様々な検査により診断がおこなわれます。

メラノーマと診断された場合は手術による切除が必要です。

 

 

ほくろはあってもいけないものではありませんが、増やしたり大きくしたくないならば、紫外線に注意し、健康に留意して肌を大事にすることを心がけてくださいね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー