川崎市長の福田紀彦の家族や経歴は?実績や時期選挙についても!





川崎市長選挙が10月22日、そろそろ近づいてきましたね。

街では選挙活動が見かけることも多くなりましたが、誰一人として聞いていないような感じで、みんな素通りしていってます。

川崎市長選挙は3人の出馬で、おそらく現職の福田市長で決まりになるのではと思いますが・・・

一体どんな人なのでしょうか?

福田紀彦市長について

1972年生まれ、地元神奈川県川崎市のご出身です。

現在45歳。

奥様と3人のお子様の5人家族でいらっしゃいます。

 

川崎市立長沢小学校、長沢中学校を卒業された後、アメリカジョージア州アトランタに移住、高校、大学をアメリカで過ごされました。

アトランタマッキントッシュハイスクール、米国ファーマン大学の出身です。

 

大学では政治学を専攻されたそうですね!

帰国後、松沢成文衆議院議員秘書をされた後、2003年に神奈川県議会議員選挙に最年少で当選。2007年には2回目の当選を果たしています。

2009年、川崎市長選挙に立候補しますが落選。

2013年、捲土重来、再び川崎市長選挙に立候補し当選を果たしました。

そしてこの10月22日におこなわれる川崎市長選挙での2度目の当選を目指して立候補する予定です。

 

 

市長としての実績は?





9月12日の東京新聞の記事によりますと、川崎市内の高校生が福田市長に市政に関する質問をするという機会があったそうです。

高校生は福田市長の選挙の時のマニフェストをしっかりと勉強してこの会に臨んだそうです。

 

質問

「小児医療費は、中学3年生まで無料にするべきでは?」

市長

「どこに住んでも同じようになるように国で考える問題。自治体間で競う問題ではない。今のところ中学3年生までは考えていません。」

 

質問者の感想は「川崎に人を呼び込むために医療費助成の対象を拡大したと思っていたが、競うものではないという考えだったので意外だった。

 

質問

「文化専門官を配置するというマニフェストの進捗状況は?」

市長

「異なる専門分野を、一人や少人数でまとめあげるのは難しいことが分かった。文化芸術を振興していく他の仕組みを研究している。」

 

質問者は「状況を見て別なことをやるのはいいと思う。変更理由や内容を市民にきちんと説明して欲しい。」とのコメントでした。

 

実際には小児医療制度の拡充は行われ、中学校の完全給食実施、保育所待機児童ゼロなどの成果を挙げているようです。

 

さらに、2015年には川崎港のコンテナヤードの売り込みのため、自らベトナムやシンガポールに出張し、関係会社との意見交換に臨んだりしています。

また、川崎市内の朝鮮学校への補助金を廃止した一方で、新たな外国人学校への補助金制度を創設しました。

現実には朝鮮学校以外の外国人学校は川崎市内にはありませんので、単なる補助制度の復活といえます。

 

 

川崎市は人口150万人の大都市です。

大工業地帯、港湾地帯がありまた東京都のベッドタウンという側面も持っています。

何事も単純にはいかないでしょうね。

 

そのなかの一つとして、武蔵小杉のタワーマンション建設による住民の急増と学校規模拡充の問題、東急田園都市線の混雑解消の問題などが身近なものとして上げられますが、こんなところも次回の選挙の争点になるのかもしれませんね。

 

 

 

 

次回選挙は?

10月22日に衆議院選挙と同日に行なわれることとなった次回市長選挙はどうなるでしょうか。

福田市長は8月に、

チャレンジスピリットを持って取り組む。

と再出馬を表明しています。

 

はっきりいって圧勝ですね。間違いないです。

前回選挙では自民はじめ政党の支援なしで当選を果たしました。

今回は自民、公明、民進(?)が支援を決めているようです。

共産党は候補者を出すでしょうけれど当選は無理ですね。

 

ということで、次回選挙は無風状態。

盛り上がりもなく、投票率30%に届くかどうかで、結果は現職の福田市長の圧勝ということになりそうです。

 

ただ、人口150万人の大都市で、得票数が15万票にも満たずに当選するのです。

10人に一人が支持したかどうかですよ。

民主主義ってヘンですね。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー