北海道こどもの国の場所はどこ?アクセスや営業時間について!





みなさんは「こどもの国」に行ったことがありますか?

こどもの国と聞くと大人になった今でもワクワクするのは、私だけでしょうか。

みなさんが行ったことのあるこどもの国はどこですか?

全国各地にこどもの国がありますが、もちろん広大な面積を誇る北海道にもあります!

 

今回はフィッシャーズの動画『広すぎるアスレチックでの出来事が大変ツボにはまりました。』を観て、その施設についてもご紹介します。

 

北海道 子どもの国

*施設情報

232.5ヘクタールもある広大な施設の中にあるこのアスレチック。

いくつかのテーマに分かれており、アスレチックからレストラン、パークゴルフ場、そしてバーベキューコーナーまであり、1日中遊べる施設になっています。

 

野外アスレチックが多いですが、メインは「ふしぎの森」という人口芝生が引かれた室内アスレチックですので、天気が悪くても遊べそうですね!

 

またこの施設には滑り台がたくさんあるので、滑り台好きなお子様や大人の方もオススメです!

 

ですが注意しなければいけないことは、老朽化で野外にあるいくつかの遊具が立ち入り禁止で使用できない箇所もあるので、お子様が間違って立ち入らないように注意する必要があります。

 

また蚊も多いようなので行くときは、虫よけスプレーや虫に刺されないように長袖を着るなどの対策は必要です。

 

 

*営業時間

午前9時から午後5時

開園期間は4月下旬から11月上旬

 

*入場料金

無料ですが、ふしぎの森のみ、高校生以上450円、中学生以下は無料

 

*住所

 

北海道砂川市北光401-1

*アクセス

 

【車の場合】

 

・一般道⇒国道12号の砂川市と滝川市の中間付近に案内標識あり

・高速⇒道央道自動車道砂川サービスエリアから連絡通路を通り、「ハイウェイオアシス」へ

 

【JRの場合】

 

・札幌方面から⇒JR砂川駅下車→路線バス「滝川行き」乗車→「工業団地入口」下車→徒歩で約1km

 

・旭川方面から⇒JR滝川駅下車⇒滝川ターミナルから「上砂川行き」または「歌志内行き」乗車→「こどもの国入り口」下車→徒歩で約1km

 

 

*駐車場

 

南口と北口にあり

 

 

滑り台が滑らない?危険な滑り台!


ふしぎの森の施設には滑り台が二つありましたが、一つの滑り台はとても急なカーブな為にみんなお尻を負傷していました。

そしてもう一つはンダホ以外はみんな滑れましたが、これもまた痛い!

 

普通の滑り台ですが途中からローラー滑り台に変わっていて、その瞬間が痛いようです。

 

滑り台を滑る際は気を付けましょう!

 

ンダホが滑ろうとしても滑らなかったのは、彼の体が大きいために幅にピッタリはまってしまうんですね!

滑り台のほかにも何かくぐる時も幅が狭くて苦労していたので、ンダホのように体の大きい方は少し大変かもしれません。

 

 

シルクのサルまねが大変ツボにはまりました。




今回もシルクの華麗な動きが見れましたが、今回のタイトル通り最後のふわふわドームでシルクが猿マネをしながら、ひたすらペケタンを追い回すシーンが大変ツボにはまりました。

 

その猿マネのレベルの高さはかなり高かったです!

 

最後に猿マネをしたシルクが「ささかめ」と言っていましたが、あれは何だったのかが気になります(笑)

 

 

まとめ

 

今回フィッシャーズは北海道のアスレチックへ行きましたが、全国にはまだまだたくさんの素晴らしいアスレチックがあると思います。

ぜひ全部制覇して欲しいですね!

 

アスレチックの全国制覇は聞いたことが無いので、ユーチューバーとして、そしてフィッシャーズならではの動画をこれからもみなさんに届けて欲しいと思います。

 

シルクがクリアできないほど難しいアトラクションは、はたしてどこかにあるのでしょうか?

 

私も北海道ならではの広すぎるアスレチックをぜひ、体験してみたいです。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー