宝くじのクーちゃんは頭から何が出てる?歴代の声は誰で実際に会うには?






1995年6月に、宝くじ50周年新キャラクターとして登場したのが「クーちゃん」です。

2代目のキャラクターなのですね。

初代は「ピコちゃん」でした。ピコちゃんは1963年から登場していたのです。

今回はクーちゃんについてまとめました!

クーちゃんプロフィール

「クーちゃん」はくじらです。

頭から噴き出しているのはしぶきです。

このしぶきは「夢」と「幸せ」の象徴なのです。

たくさんのみんなにこの「夢」と「幸せ」を届けたいということなのですね。

 

「クーちゃん」はくじらなのですけれど、普通のくじらとは違うのです。海だけではなく、空や地上を動き回ることのできるのです。言葉も話せますし歌も歌えます。

性別は男で出身地は「夢の国」です。

クーという名前は「くじら」だからとも宝くじの「く」からともいわれています。

 

歴代の声は誰?





1995年のテレビCMから登場しています。

そのとき声を演じていましたのが、声優の緒方恵美さんでした。

1992年に「幽遊白書」の蔵馬役でデビューし、その後も大活躍されている声優さんです。そのCMでは、

「今年のサマージャンボは1等前後賞合わせて1億3千万円、200万円は1万本、ク~~、宝くじ。」

というせりふでした。

 

2011年のCMでは声優であり女子プロレスラーである清水愛さんがクーちゃんの声を担当していました。

 

最近のCMでは要潤さんが演じていますね。

2017年春に放送されていたCMでは公園でブランコに乗っているクーちゃんが、宝くじの収益が全国の防災施設の充実に役立てられているということを紹介しているのですが、隣にいた女性から「実は要潤さん」と言い当てられてうろたえるという内容です。

秋に放送されたものでは、宝くじ収益から全国に贈られている地震体験車で地震を体験します。揺れの中でこけてしまうクーちゃんですが、いっしょにいた女性(名倉愛さん)から「大丈夫ですか要潤さん?」といわれておもわず「はい」と答えてしまい、またまたうろたえるのですね。

 

役所広司さんや島崎遙香さんなんかが出てくるCMにはあまり出演しないですね。

一度だけ島崎さんが役所さんに「こっちは宝くじのクーちゃん」と紹介するシーンがありました。その代わりに宝塚のクーちゃん紅ゆずるさんが登場していますけどね。

 

クーちゃんのtwitterや実際に会うには?

ツイッターの宝くじ公式アカウント@takarakuji_qooではクーちゃんが宝くじのことをいろいろつぶやいていますよ。

宝くじの発売日や抽選日、ロトのキャリーオーバーのことなんかを教えてくれています。

 

LINEの無料スタンプもあります。

クリエイタースタンプの人気キャラクター「だいふく」といっしょです。

 

ヤフオクサイトにはクーちゃん非売品グッズが多数出品されています。

宝くじクーちゃん貯金箱が20000円になっていました。1000円から開始したものなのですが。喋る数字選びのお手伝いHAPPYクーちゃんというのは15000円でした。そのほかお安いものでは6色ボールペンが110円、巾着袋が300円、ステッカー小250円などとなっています。

このクーちゃんにどうしても会いたいときには必ず会えるところがあります。

東京都中央区京橋にあります「宝くじドリーム館」です。

宝くじの歴史や仕組みなどを教えてくれるところなのですが、クーちゃんの人形も展示されているのです。いっしょに記念撮影もできますよ。

 

夢を運ぶ宝くじ。一度でいいから高額当選してみたいですね。しかしなかなか当たらないのが宝くじです。

夢なのですから当たらないのが当たり前なのですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー