中澤卓也の出身や経歴は?若手演歌歌手で注目を浴びている人まとめ!






ミラクル・ボイス 中澤卓也さん。

一見、Generations from EXILE TRIBEのひとりっていう感じなんですけれど演歌歌手なんですね。

とても歌うまいですね。当たり前ですけれど。

今年のレコード大賞新人賞に選ばれました!そのプロフィールに迫ってみたいと思います。

中澤卓也の出身地や経歴は?

中澤卓也さん(本名です)、1995年10月3日、新潟市のお生まれです。

現在22歳です。

身長178cm、血液型A型。趣味はスニーカー集め、ドライブ。

特技はモータースポーツで、小さい頃はレーサーを目指して、地元のカートレース場で練習していたそうですよ。

好きな食べ物はラーメン、スイーツとのことです。

所属事務所はオフィス・パンジーです。

 

2012年にNHKのど自慢に出演し「さくら」を歌ってチャンピオンとなっています。

もともとはポップスが好きだったそうですが、2013年に作曲家・田尾将実さんに弟子入りしてから演歌を歌うようになったそうです。

 

2014年、私立開志学園高校ボーカル科を卒業。

2015年に日本クラウン新人オーディションで準グランプリに輝きました。

そして2017年1月に日本クラウンより「青いダイヤモンド」でデビューしました。

9月にはファーストカバーアルバム「繋ぐ Vol.1 ~カバー・ソングス7つの歌心~」をリリース、そして11月にセカンドシングル「彼岸花の咲く頃」を発売します。

「青いダイヤモンド」は一応演歌といえるでしょうけれど、とても軽い感じで、歌詞もポップス調で、多くの人が楽しく聴ける曲だと思います。

中澤さんの明るくてさわやかな歌声にぴったりですね。

そのへんがレコード大賞新人賞に選ばれた理由じゃないかなと思います。

 

演歌界はまだ盛り上がっている?





演歌の人気はすたれていませんね。

若い演歌歌手がどんどん出てきています。

今は男子も女子もグループアイドルが流行っていて、本当に歌の上手い歌手にとっては少し厳しい時代かもしれませんけれど皆さん頑張っていますよ。

演歌歌手でもSNSで自撮りを公開しちゃったりして、幅広い世代にファン層の拡大を図っているのですね。

 

中澤さん以外にも、注目を浴びている人たちをご紹介しましょう。

 

・はやぶさ

ヒカル、ヤマト、ショウヤの3人組のグループです。

演歌と限定せずに新世代歌謡グループとして2011年結成されました。

未来に向かって羽ばたくことをイメージしてつけられたグループ名だそうです。

新曲「未来はジョー!ジョー!」はテレビアニメ『デュエル・マスターズ』のテーマ曲になっています。

 

 

・松阪ゆうき

武蔵野音楽大学声楽家出身です。

音楽教員の免許や介護福祉士の資格を持っているそうです。

さらに温泉ソムリエでもあるそうですよ!!多才ですね。

2015年にデビューした後、演歌歌手として全国を廻っているとのことです。

新曲は失くした愛を求めてさまよう男を歌った「愛の欠片(かけら)」です。

 

 

・村木弾

鳶をされていたそうですが、歌手を目指して故・船村徹さんに弟子入りしたそうです。

12年も内弟子生活を続け、昨年デビューをはたしました。

新曲「都会のカラス」は師匠・船村徹さんが最後に残した曲なのだそうです。

長くいい歌を歌い続けてファンの方たちに応援してもらえたらと思っているそうです。

 

 

東京・浅草の老舗レコード店「ヨーロー堂」の店主・松永好司さんによると、

「以前よりも若い演歌ファンが増えているようです。

”演歌男子”と呼ばれる若い男性歌手のファンが特に増えていますね。それも20代、30代のお客さんなんです。」

とのことです。

 

イケメンで歌が上手くて親しみやすい、そんな演歌歌手を応援する人たちがまた増えてきているようですね。

中澤さん含めて、皆さんの活躍に注目したいと思います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー