福井県知事の西川一誠はすごい経歴だった?ふるさと納税の発案者?





福井県民にとっては、福井県の知事は西川一誠!ということはもちろん皆さん当たり前に知っていることだと思います。

というのも、2003年に福井県知事選挙に無所属で出馬して、初当選してから、現在も現役で知事として活躍していて、実に14年ほども福井県の顔となっています。

最近ずっと話題である、ふるさと納税の発案者でもあり、福井県は、北陸新幹線のルート計画や、高浜原発を始めとする原子力発電問題など、全国的に話題のニュースがあり、西川さんの活躍ぶりは凄いものだと思います。

そんな西川さんの凄いところ!をまとめました。

プロフィール

西川一誠(本名にしかわかずみ):にしかわいっせいは通称
生年月日:1945年1月2日
出身地:福井県
身長:177cm
体重:65kg
血液型:A型
家族構成:妻・二男・一女
趣味:野菜づくり
好きな言葉:親切
信条:感謝

まず、一番凄い!!と驚いたことが、2005年4月から、毎日欠かさずブログの日記が書かれているということです!

更新日時は遅れることがあれど、毎日の記録をきちんとご自身でつけているようですね。

正直、更新量が凄すぎて、衝撃を受けました!→西川一誠ブログ

 

そして、意外に知られていないことが。。

2009年にはベストファーザー『イエローリボン賞』(素敵なお父さんとされた著名人に贈られる賞)を受賞しています!

その年の受賞者にはKDDIの代表取締役の小野寺正や、俳優のつるの剛士などがいました。

ベストファーザー・イエローリボン賞に選ばれた著名人の中から最もネクタイの似合う人に贈られる『ベストネクタイリスト』にも受賞していて、授賞式では、福井県にある世界三大恐竜博物館のうちのひとつである「福井県立恐竜博物館」のPRのため、恐竜柄のネクタイを着用しています。


ふるさと納税の発案者です!





ふるさと納税とは、簡単に言えば、自分が応援したい自治体に寄付をすることで、住民税と所得税から一定の控除が受けられる制度のことです。

そして、最近では、自治体からの特産品目的でされる人も多いみたいですね!

どこの都道府県の市町村は、こんな特産品がもらえる!という雑誌まで発売されていて、更にテレビでも取り扱われ、今では当たり前になってきたふるさと納税。

西川さんは2006年に、地方間格差や過疎などで、税収の減少に悩む自治体に対して何かできないかと考え『故郷寄付金控除』の導入を発言しています。

それ以前から、自分の住んでいる住所以外の場所に何らかの貢献をしたいと考えている人が存在していたそうです。

例えば、スポーツ選手や芸能人などは都心部での活動が多いため、生活拠点や住民票は実家のままにして住民税は故郷に納める人や、政治家の田中康夫が『好きな町だから税を収めたい』と、生活拠点ではない所に引っ越しをして住民票を移そうとしたこともあったそうです。

生まれ故郷から離れて暮らしていても、故郷を応援したい!という気持ちがある人が多いと思うので、この制度は純粋によく考えられた制度だなと思います。

特産品があってもなくても、応援したい自治体は皆さんそれぞれあると思います。

地震や災害にあった地域にも寄付できるのもいいですね。

 

まとめ

 

・西川一誠は福井生まれの福井育ち

ふるさと福井を愛する気持ちは誰にも負けません!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー