レコード大賞新人賞はNOBUが確定?プロフィールや経歴まとめ






帽子をかぶって大きな口をあけて歌うNOBUさん

今年の日本レコード大賞新人賞を受賞しました。

そのプロフィールと来歴を見てみましょう。

NOBUプロフィール

NOBUさん(本名:入佐伸男・いりさのぶお)は、1988年7月3日、宮崎県小林市の出身です。

現在29歳ですね!

 

小さい頃は兄弟でバンドを組んで、ドラムを担当していたそうですよ。

2005年、17歳の時にはYAMAHA主催のオーデションの九州大会で優勝を果しているそうですね。

18歳からはシンガー・ソングライターとして活動してきました。

 

2012年にはアルバム「POWER TO THE PEOPLE」で一度メジャーデビューを果しましたが、そのときの契約先とは2年ほどで契約解除となってしまいました。

思いのほかセールスがよくなかったようです。

 

 

そして地道にライブ活動を続けるなどの苦労を重ねて、2017年7月に再びユニバーサルミュージックより『いま、太陽に向かって咲く花』で再デビューしたのです。

再デビューしてすぐにTBSの『音楽の日』、NHKの『うたコン』、日本テレビの『スッキリ』などに出演し、大きな反響を呼ぶと同時に、一気に注目されたようですね。

NOBUさんのいまの目標は、来年には日本武道館で、そして再来年には東京ドームで単独ライブを行うことなのだそうです。

夢がかなうといいですね。

 

 

レコード大賞新人賞はNOBU?





11月16日に発表された第59回日本レコード大賞の各賞のなかで、4組の新人賞の一人として表彰されました。

新人賞のそのほかの3組はつばきファクトリー、中澤卓也、UNIONとなっています。

 

そして12月30日に発表されるレコード大賞最優秀新人賞の最有力候補といわれているようですね。

その理由は所属している事務所、エープラスがバーニンググループのエーチームの関連会社だからということのようです。

バーニングは芸能界の賞レースにとても強い力を持っているらしいですね。

周防郁雄社長の影響力です。

この周防社長がNOBUさんのことを非常に強くプッシュしているようです。

 

そのため今回の最優秀新人賞はバーニングが後押しするNOBUさんで決まりということのようです。

週刊文春11月16日号の見出しには「早くも決定!?レコ大は乃木坂46で新人賞は超無名」という見出しが出ていました。

過去にレコード大賞の賞レースがお金で決められていたというスクープをしている文春ですから、この記事もそのとおりなのかなってみんな思うのでしょうね。

 

2010年に『トイレの神様』で大ブレークした植村花菜さんのときと同じようなことがおこっているらしいです。

植村さんも周防社長に強く支援されていたらしいですね。

植村さんはそのときは紅白にも出場し、フルコーラスを歌うという特別扱いを受けました。

NOBUさんはさすがに紅白出場まではできなかったのは残念でしたね。

 

ですが昨年の最優秀新人賞はK=POPのiKONが受賞、一昨年はハロプログループのこぶしファクトリーが受賞しました。

今回はふたたびハロプロのつばきファクトリーかもしれませんね。

 

実はNOBUさんは12月4日に発表される日本有線大賞の新人賞にもノミネートされています。

他のノミネート歌手はつばきファクトリーと半崎美子さんとなっています。

この一足先に行われる日本有線放送大賞新人賞がどうなるかということもレコード大賞最優秀新人賞の行方を左右するのかもしれませんね。

 

最後に

年末の恒例番組である日本レコード大賞。

昔はみんな息を呑んで誰が受賞するのかなってみていましたけれど、いまは誰が受賞してもああそうなんだっていう感じであまり感慨を持たなくなってきているような気がします。

最優秀新人賞はNOBUさんなのでしょうか、そして大賞は乃木坂46なのでしょうか。

ファンにすれば気になるところですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー