お盆玉の発祥は山梨県?金額の相場や誰が渡すのかが気になる!

最近、聞きなれない言葉を知りました!!

その名も、「お盆玉」!!

いったい何なんでしょう??

じわじわと、浸透してきているようで、プレミアムフライデーみたいに流行らせようとしているみたいですが・・・

(プレミアムフライデーは、また別ですかね・・!)

最近、新しいものが多すぎて、時代についていけてない!!




 

お盆にお小遣いをあげる?

はっきり言ってしまえば、分かっている人もいると思いますけど、お年玉のお盆版です。

お盆に田舎のおじいちゃん、おばあちゃんが、会いに来てくれた孫たちにお小遣いをあげるということのようです!

 

でもそんなことって今に始まったことじゃないですよね。

おじいちゃん、おばあちゃんに限らず、お盆に親戚の人たちが集まれば、子どもはよくお小遣いをもらっていますし。

どうしてわざわざ名前をつけられて、何か新しい風習であるかのように騒がれているのでしょうか?

 

ちょっと探ってみなければなりませんよ!

 

 

紙業会社の策略?

「お盆玉」または「おぼんだま」は山梨県にある紙業メーカーによって商標登録されています。

「お年玉」と違って、誰でも勝手につかえる言葉ではないんですね。

その紙業メーカーは2010年から、そのお盆玉と書かれたぽち袋を販売開始し、お盆にお小遣いを上げるという新しい習慣を広めていこうとしました。

夏向けのぽち袋の売り上げを拡大しようという営業戦略から生まれた言葉だったんですね。

しかし、発売当初は思いどうりにはいかなかったようです。

その後、ロフトや郵便局がこの「お盆玉」ぽち袋を取り扱うようになり、今ではかなりの収益を上げているようですね。

作戦大成功のようです!

 

新しい習慣?





さっきも言ったとおり、お盆に親戚が集まれば、子どもにお小遣いをあげるなんて、前からあったことだし、取り立てて新しい習慣というわけでもないと思います。

ただ、「お盆玉」としてお年玉みたいにちょっと改まった感じで渡したり、受取ったりしなければならないとすれば、どうなんでしょうね、ちょっと変わったことになるのかなあ。

 

もう一つ、ニュースや情報番組の時間が増え過ぎて、何でもとにかく話題にして取り上げなければいけないテレビの影響も大きいと思います。

「お盆玉」の話題、昨年あたりから夏になると必ず放送されていますよね。

それによって多くの人が

「ああ、なるほど、新しい習慣なんだ。」

って感じているのではないでしょうか。

 

ちょっとだけ新しいのは、このは紙業メーカーは子どもたちへのお小遣いだけではなく、祖父母へお小遣いを渡すことも含まれるんですよ、ということを提唱していることでしょうか。

ご無沙汰しているおじいちゃん、おばあちゃんに

「いつまでも元気でいてね。」

っていう意味で、子や孫からお小遣いを渡すということもいいことかもしれません。

 

とは言え、子供が貰うもの!という浸透がすごそうです。

夏は、祭りやイベントがたくさんあって、お小遣いとして貰う子も多いでしょうしね~

 

ちなみに金額はと言うと、お盆に上げるお小遣いは、お年玉よりちょっぴり少なめって考えている人が多いようです。

小学生には3000円以下、中学生には5000円以下っていうところではないでしょうか。

2017年の平均で言うと、5900円だったようです!

やはり、一年の始まりである『お年玉』の方がおめでたい節目ですし、金額も豪盛になりますね。

 

まとめ

なにか新しい言葉に振り回されるのはちょっと困っちゃいますけど、これでまた、お盆をみんなで一層楽しく過ごせるのなら、ご先祖様も喜んでくださるかもしれませんね。

まだまだ知らない人が多いようですが、来年あたりからは、より『お盆玉』が浸透してきそうな予感です!




 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー