青蓮院門跡の紅葉2017年の見頃時期や混雑状況は?周辺おすすめスポットも!






そろそろ紅葉の季節になってきましたね。

紅葉というキーワードとともによく検索されるのは、

『京都』です!

今回は、京都でも人気スポットの青蓮院門跡の紹介です。

青蓮院門跡とは?

京都市東山区にあります青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)

皇室との縁も深いこの由緒あるお寺は天台宗を開いた伝教大師最澄が平安時代に創立しました。

三千院、妙法院と共に、天台宗の三門跡寺院とされています。

青蓮院というのが正式名称で、門跡とは皇室や摂関家の子弟が入寺していたことを意味します。

多くは皇族出身で親王の称号を与えられた僧侶が門主(住職)を務め、格式を誇ってきました。

江戸時代に仮御所となったことがあるため粟田御所とも呼ばれています。

庭園の紅葉は見事で夜間ライトアップもされます。相阿弥作の筑前泉水庭と小堀遠州作の霧島の庭が有名ですね。

見頃や混雑状況をお伝えします。

 

青蓮院門跡の紅葉の見頃は?





紅葉の見頃は10月下旬から12月上旬です。

10月27日から12月3日は恒例の秋の紅葉ライトアップがおこなわれます。

幻想的に青く照らし出される竹林、前庭。

さらに池泉回遊式庭園や本堂など、境内全域に幽玄な世界が広がります。苔庭には光の星が降り注ぎます。

大小1000個の照明によるライトアップです。

ご本尊『熾盛光如来』にちなみ、「光の由来」~熾盛の光の曼荼羅~をテーマに開催されます。

ご本尊は光そのものであり、その化身の不動明王も炎の光を背負っておられ、青蓮院は光との関係が大変深いのです。

この美しいライトアップを一目見ようと大変大勢の観覧者がつめかけます。

11月10日を過ぎて11月一杯はかなりの混雑が予想されます。

ベストシーズンを避けての来場もお考えになってはと思います。

 

アクセス

場所
京都府京都市東山区粟田口三条坊町69-1

電車
市営地下鉄東西線東山駅から徒歩約5分
市営地下鉄烏丸線烏丸御池駅から徒歩約10分

バス
京都市営バス5系統 神宮道下車 徒歩約3分

拝観料
9時~17時
大人500円、中高生400円、小学生200円

夜間特別拝観料
18時~21時30分 (22時閉門)

大人800円、中高生400円

(昼夜入替え制)

 

 

周辺のおすすめスポット





青蓮院周辺の紅葉の名所もご紹介したいと思います。

是非訪れてみてください。

・建仁寺
建仁寺は日本で最も古い禅寺です。

栄西によって13世紀の初めに開山されたと伝えられています。

建仁寺の紅葉は本坊の中庭となっている潮音庭が見所です。

三尊石の石組や杉苔と紅葉がバランスよく調和しています。11月中旬から12月上旬が見頃となります。
・知恩院
東山三十六峰のひとつです。華頂山の麓に広がる浄土宗の総本山です。

紅葉の時期には約200本のもみじが色づき、夜間特別拝観ではライトアップも行われています。

境内には法然上人の御廟、御影堂、三門など、国宝や重要文化財の伽藍が立ち並んでいます
11月中旬から12月上旬が見頃となります。

 

・長楽寺
長楽寺の境内にはたくさんのかえでの木があります。

四方を紅葉に包まれたような空間で、ゆったりとして紅葉狩りを楽しめそうです。

相阿弥作の室町時代の庭園が見事です。11月中旬から12月上旬が見頃となります。
・八坂神社
本殿の裏参道の両側のもみじが美しく色づきます。

祇園さんとして親しまれている八坂神社の境内は無料で散策できます。11月中旬から12月上旬が見頃となります。
京都の紅葉の名所は盛の時期にはどこも大混雑となると思いますがしょうがないですね。

美しいものを目にするにはそれなりの苦労が必要となるのかもしれません。

でも一年に一度、美しい京都の紅葉を見に行きたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー