打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?この映画を見ないほうが良い人とは?

8月18日から公開される話題のアニメ映画

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?

ですが、かなり人気になりそうな予感ですね。

丁度、去年の今頃は『君の名は。』が公開されましたが、この映画も少し、君の名は。を意識しているような感じがしました。

今回は、この映画を、見たほうが良い人!見ないほうが良い人!について個人的に見解していきます!




 

作品の由来

ご存知の方も多いと思いますけれど、1993年のフジテレビのテレビドラマのリメイク作品です。

この時はアニメではなく実写ドラマ作品でした。

ヒロインを演じた当時13歳の奥菜恵さんの年齢を超えた美しさが話題となり、また作品としても高評価で、監督・脚本を担当した岩井俊二さんの出世作となりました。

 

見に行くべき人

さて今回リメイクされたアニメ映画ですが、個人的に、次の方々は見に行ったほうがいいと思います。

 

・アニメ大好きっ子

アニメマニアの間では間違いなく話題になります。

見ておかないと話についていけなくなります。見ておきましょう!!

 

・声優さんのファンの皆さん

声優さんはずらっと有名な方々が並んでいます。

ちょっと紹介しましょう。

広瀬すず・・・・・ヒロインなずな

菅田将暉・・・・・典道

宮野真守・・・・・祐介

松たか子

花澤香菜

浅沼晋太郎

 

主演クラスの3人広瀬さん、菅田さん、宮野さんは説明の必要のない大スターですよね。

そのほかの出演者もみんな知る人ぞ知るという方々ばかりです。

声の出演ですから顔は見えませんけれど、

「声が聞ければ十分!」

というファンの皆さんは劇場まで見に行って(聞きに行って)下さい。

こういう人気の俳優さんを起用することによる話題性も、仕込まれているのかなとは思いますが・・・

 

・製作スタッフファンの皆さん

製作スタッフも一流のみなさんが勢ぞろいです。

原作・・・・岩井俊二

総監督・・・新房昭之

監督・・・・武内宣之

作画監督・・山村洋貴

アニメファンなら誰でも知っているという方々ですよね。

この人たちが作った作品を見逃すわけにはいきません。



見ないほうが良い人達?

それ以外の人たちは・・・・・・・

やめておいたほうがいいと思います。

その理由は

 

・設定が苦しい

24年前のテレビドラマでは小学6年生の設定でした。

完全に子どもですから、何があっても笑って見られたはずです。

今回は中学1年生の、「駆け落ち」物語です。

家出したい少女を、彼女のことを好きな男の子が助けてあげようと頑張るっていう展開のようですが、中1の「駆け落ち」っていうのはちょっと苦しいですよね。

中学1年生なんてまだ子どものはずで、作画上も子どもっぽく描かれているんですが、それなのに声は完全に大人というところをどう思うかですよね。

子どもの話なのか大人の話なのか、理解しづらいと思います。

そしてストーリーにはタイムトラベラー的な要素も加味されていて、ファンタジーとして単純に楽しめればいいのでしょうけど、難しいかもしれません。

広瀬さん菅田さんのファンなら何も問題はないと思いますけど、そうでない人にはきついと思います。

 

広瀬すずの声が微妙?


何回も言いますが、ファンであれば問題ありません。

ドラマに出るときの広瀬さんは可愛くて、演技も上手で大好きですよ。

しかし、声優としては苦しいです。

まず声質として声優向きではありません。

トーンが低いと言うかちょっと暗いんですよね。

また声優としてのトレーニングもされていないでしょうから、普段聞いている声優さんのセリフ表現とくらべると聞いていて違和感をぬぐえないでしょう。

 

もうひとつ気になるのは、典道クンががなずなちゃんを、「ゆず」の「夏色」の歌詞のように長い長い下り坂を、自転車の後ろに乗せてしかしブレーキいっぱい握り締めずに急速度で下っていくシーンです。

少年少女に悪影響をもたらしますよ。

真似して大怪我しちゃったら大変です!!!



まとめ

一流の制作者による実写を超えた美しさの、自然や打ち上げ花火のアニメ映像を純粋に楽しむということであれば見る価値はあるかも知れません。

 

そして、主題歌である

「打上花火」

作詞・作曲 米津玄師

歌 DAOKO x 米津玄師

はとてもいいです。

ノスタルジックなピアノの前奏からはじまり、そしてDAOKOのせつなげな歌声に、過ぎ去った子ども時代の夏休みの記憶がよみがえります。

米津玄師のクールな歌声が聞こえたときには涙が流れてくるはずです。

誰もが子どもの時の夏休みにやり残してしまったことを思い出し、大人になってからなんとか取り戻したいと思ってがんばってみても、どうしたって時間は取り戻せない。

どうしようもないやるせなさに胸が熱くなります。

夏の終りが近づいてきて涼しくなってくると、どうしても少しさみしい気持ちになりますね。

 

 

映像と曲を楽しみたい方は劇場に足を運んでもいいかもしれません。

そうでなければやめておいたほうがいいかもしれませんね。

 

とは言え、かなり話題になる映画になることは間違いないです。

なんとなく話題にさせようと力を入れている感じがありますしね・・・

公開まであと少し!

私は見に行くかどうかは、まだ決まっていません!!

まずは、どんな評判なのかが気になるところですね。

 

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー