仕事が辛くても続けられる理由は?20代の転職のタイミングはいつが良い?





仕事が辛い・・行きたくない・・そう思う人は世の中にはたくさんいると思います。
特に朝の満員電車なんて、息苦しくて窮屈で立っているだけでしんどくなりませんか?

私も過去に、仕事を辞めたい!転職したい!と思う時期は何度も何度もやってきました。(実際に2回転職しました)

そんな時に、何故辛い仕事でも続けていられる人がいるのか気になりませんか?

今回は、『仕事を辞めたい!・転職したい!』と思った時に読むべき内容をまとめていきます!

仕事が辛くても続けられる理由は?

仕事が辛い・・と言っている人でも、辞めずに続けている人は多いですよね。

文句を言いながらでも仕事をしている人もいます。

何故続けていられるのでしょうか?

ネットでの意見まとめ

ある質問サイトでの意見を書き出してみました。

  • 生きていくため
  • 頑張ればお金が待っているから
  • その仕事以外で自分ができる、やりたいものが見つからない
  • 自分でやると決めたから
  • 楽しみと、家族のため
  • 生活するため
  • 社会へ貢献するため
  • 周りの先輩方が良い人だから頑張れる
  • みんな辛いのに頑張ってると思うと、自分も頑張れる
  • 他へ行ける力がないから
  • 仕事をしている優越感に満たされたいから
  • 生きている意味を感じる
  • 働かないとイキイキした生活がしにくい
  • 目標があるのと、支えてくれる人がいるから
  • 子供の将来のためと、自分の老後のため
  • お金と子供のため
  • 家族の幸せ

主な意見としては、『お金・生活のため』『家族・子供のため』『生きている意味を感じる』『周りの人達のお陰』という感じでしょうか。

親世代

おそらく私の親世代の仕事に対する考え方は、また違う感じだったでしょう。

今よりももっと上司が厳しくて、仕事量も多く、辛い事もたくさんあったのではないかと思います。

それでも続けていられたのは、『続けることが当たり前』だという意識が強かったのかもしれません。

とりあえず3年は会社に務める』ということも言われていますし、男の人なら入社して定年まで同じ会社で勤め上げるのが『当たり前』だったと思います。

私の親世代は仕事が辛くても『辞める』という選択肢はなかったのでしょう。

 

私の意見

私の過去の話をすると、仕事が辛い→辞めたいと上司に言う→転職するとすぐに逃げていましたね。

しかし、転職してもまた辛い時期はやってきます。一度だけでなく、何度も何度もやってきます。

私がそのことについて会社の同僚に相談したら、『私には辞めるという選択肢はないよ』と言われました。

ひとつのことをやると決めたんだから、続けていくという選択肢しか考えていない。どうやったらもっと楽しくなるか・仕事がしやすくなるかを考えている』そうです。

  • 『仕事は辛い』ではなく『仕事は楽しい』と思っている
  • 仕事は続けるのが当たり前と思っている
  • 仕事に対してやりがいを感じている

このように思っている人は、仕事に対してマイナスイメージはなく、楽しんで仕事をしているのかなと思います。

転職するタイミングはいつが良い?





辛いと思って仕事をしていると、どんどん辛くなってくると思います。

仕事に対してやりがいを感じられなくなったり、どうしてもやりたいことがある!というのなら転職を考えても良いでしょう。

実際に、私は過去に2回転職をしましたが、振り返ると違う仕事を経験できて良かったなと思っています。

転職するには、良いタイミングというものがあるのでしょうか?

何月が良いのか?

年間を通じて見ると、3~4月・9~10月に新規求人が増えると言われています。

年度が切り替えになり、定年退職をする人や新規事業のスタート時期となり、中途採用のニーズが高まります。

反対に、その時期に転職を狙っているライバルが増えるということも考えられますね。

実際に私が転職をしたのは9月と5月でした。しかし、最近は一年を通じて求人をしている所が多く見られます。

本当にこの仕事がしたい!というものがあれば、月は気にせずに仕事を探しても良いですね。


年齢は関係あるのか?

やはり若いうちは、意外とすんなり次の仕事が決まります。

20歳の時なんて、まだまだこれから!どこでもウェルカム状態ですよね。(実際は、不採用を何社か貰いましたが)

私の経験から言うと、24~25を過ぎてくると転職しにくくなったなと感じました。(おそらく高卒だったことも関係していると思いますが)

特に次にやりたいことがない状態で仕事を探すのはすごく不利でした。

仕事を探す時も、『9時~17時』『家から近い場所』『正社員』などという条件の中から気になった所に応募する状態だったので、それはまた辞めたくなるのは当然ですよね。(その仕事に対しての熱意がなさすぎるので!)

やりたいことがあって転職をする場合、探す仕事も決まっているし、面接でも志望動機などが言いやすいですし、採用されやすくなるでしょう。

なので意外と年齢も関係ないのだなと実感しました。

30代でも40代でも、この仕事がしたい!という熱意のある人ならば、企業側にもやる気が伝わるでしょう。

ちなみに20代後半の転職は成功するという説もあるそうですね。
一つの区切りとして、29歳までの採用枠が設けられているので、20代で転職をする場合は、29歳までの方が良いかもしれません。

まとめ

今の仕事を辞めて、新しく仕事をするとなると、人間関係や仕事を覚えること、お客さんや取引先さんとの関係も、全て1からになります。それって、意外と大変なんですよね。

環境を変える事は簡単ですが、またその環境に慣れてきた頃に、仕事が嫌になったり辞めたくなったりします。

仕事をやめたい!転職したい!と思ったら、まずは自分が何をしたいのか考えてみましょう。

本当にやりたいことがあるのなら、転職することも良いと思います!

一時の感情だけに振り回されず、何故自分はこの会社に入ったのか、初心に戻るのも良いですね。




 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー