ハンドスピナーとは?民族の名前を広めたヒカキンとセイキンの影響力は凄い!





最近、日本でもじわじわと流行りの兆しを見せている「ハンドスピナー」をご存じでしょうか。

遊び方は、中心部分を2本指で挟んで回転させるだけのいたってシンプルなコマのような新型の玩具。

すでにAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング等のサイトでも販売されており、

価格は安い物で100円代から高い物は30,000円近くするシロモノも。商品名は指スピナー、ハンドフィンガースピナーとも呼ばれています。

ハンドスピナーとは?

もともとはアメリカで病気の子供の為に考案された玩具だそうで、

自閉症の人が精神を落ち着かせる物としても使われていたようです。

海外での商品名はFidget Spinner。

日本でもハンドスピナーを購入したユーザーからは

「ただ見ているだけで、気分が落ち着く」

「ストレス解消になる」「安心する」等々の声があり、さまざまな効果があるようです。

 

ヒカキンとセイキンの影響はすごかった


そんな商品をいち早く動画で紹介してくれたYouTuber HIKAKINとSEIKIN。

今回はHIKAKINがAmazonで購入したさまざまな形のハンドスピナーでSEIKINと「どれが一番長く回るか選手権!ヒカキンvsセイキン」。

日本でもここ最近話題になり始めたばかりという事もあり、

さまざまな形はあるものの正式な名称がない商品もあり、勝手に名前を付けて紹介するHIKAKINとSEIKIN。

 

SEIKINが「GOLD KIBOU」と勝手に命名した商品は、指に乗せてただ回すだけで楽しむもの。

Amazonのサイトでは「Smato ハンドスピナー ゴールド」で販売されています。

ゴールド以外にピンクとブルーもあります。

今回動画で紹介された商品と類似品もあり指で挟む箇所にInnoo Techのロゴが入っている物も販売されていました。

「JP-KIBOU 指スピナー」はよく目にする三角型ではなく、四角型で9個の歯車が付いていて強く回転するようです。

HIKAKINが「アンブレラ車」っぽいと言って紹介したものは、

現在AmazonではTOKYO EDCというロゴが入った類似品が在庫切れになっており、

ヤフオクでは「激レア」として出品されているので、この商品は今後手に入りずらくなるかも知れません。

今回HIKAKINが購入した12個中で一番長く回っていた「民族」と名付けられたハンドスピナーがこの後大変な事になります。

なんと、2人が「民族」と名付けたハンドスピナーがAmazonを始め楽天市場、

メルカリで「民族」という名称で販売されている事をSEIKINと共に動画で発表されました。

2人が動画で紹介した商品が、店頭で勝手に2人の写真を使って販売されている事も多くなり、

本人達も見かけたらTwitterで教えてと言っていました。今回の「民族」もSEIKIN宛に報告があったそうです。

メーカーの方から特に名づけの依頼があった訳でもないのに、

動画で勝手に名付けた事がここまで広がるとは本人達が一番驚いているでしょうね!

ブームとなると、今後どこのメーカーも色々な新商品を出してくるだろうし、

偽物も増えて来るかと思いますので、レビュー等を参考にきちんと選んでいきたいと思います。

 


まとめ

ハンドスピナーがただ単にシンプルな玩具として一時的なブームで終わるのではなく、

日本独自の技術で改良してもらいそれが医療の現場でも役立っていけばいいなと思いました。

そして、HIKAKINとSEIKINが名付けた「民族」が「MINZOCK」とかになって、

オリジナルのハンドスピナーが全世界に広がったら面白いだろうなと思います。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • りくきん
    • 2017年 7月25日

    ハンドスピナーねーあるけど忘れたっておばあちゃんちに混ぜて積もった

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ運営者プロフィール

当ブログ管理人のtanabeです♪

私が気になったことをまとめていきます(^^)
YouTubeを見ること・食べることが好きなので、
最近はその2つのことが多いです!

今の目標は、日本一周旅に行くことです!

飯テロ!

YouTuber

カテゴリー